ショップでは紳士でいてね・・・。


瞬時に良いスーツを見分ける方法
フルオーダーで仕立てた羊屋のスーツ。ラペルの綺麗な返りやドレープの入り方、立体的に作られた仕立てなど、既製スーツをチェックする際の参考になります。できるだけ良いスーツに袖を通すと、何となく良いスーツがわかってきます。私物。

非常に難しいテーマです(笑)。良いスーツの基準などはファッション雑誌でアレコレ書いてあって、なるほどと思うのですが、ショップや百貨店ではラックからスーツ(既製スーツ)を取り出してじっくり見たり、買う気もないのに試着するのってけっこう勇気が入ります。

瞬時に良いスーツを見分ける方法
ラックに吊るされている状態で瞬時に見分ける方法を知っておくと、意外と役に立ちます。買うかどうか迷っている場合は絶対に着用すべきですが、冷やかし程度ならスマートにチェックしたいものです。参考画像。

まあ、店員さんと親しくなれば問題ないんですけどね・・・。初めて入ったショップで裏地の隙間から手を入れて芯地を取り出して確認するなんて、まず道徳的に許されません(笑)。

ましてやパンツをひっくり返してシック(股下の補強布)を見たり、テーブルに置いてパンツのS字カーブを確認するなんてほとんど不可能です。銭湯でスニーカーを洗うのと同じくらい恥ずかしいです。そういえば昔、大阪の銭湯で洗っている奴がいたなあ~(懐)。

次のページは、「ヒゲとアゴぐせ」です