日本人のスーツ姿が暗い印象!?

日本人のスーツのコーディネートの定番と言えば、ネイビーかグレーのスーツに白のワイシャツ、スーツと同系色の暗めのネクタイです。
僕が以前、とあるヨーロッパの紳士服ブランドで働いていた時、本社のデザイナーが日本に来て、日本のビジネスマンのスーツ姿に驚いたことがあります。彼が言うには、日本のビジネスマンは皆、ダークスーツを着て、シャツやネクタイが地味。みんな同じように見えて、全体的に疲れているようだというのです。西洋人の髪の毛は金髪やブラウンで明るく、肌の色も白いので、ダークな色目の服が似合わないかわりに、服装のコーディネートも明るめの印象があります。なので、“ヨーロッパの国と比べられても。。”と思ったものですが、確かに、当時は日本のビジネスマンのスーツ姿は暗いイメージのものでした。

しかし近頃は、変化してきています。日本でも40代を中心に、ビジネスマンもお洒落で、スタイリッシュになってきました。40代、50代となると、自分では気がついていなくても、スーツのスタイリングにどこか若さとフレッシュさをアピールしたくなるもの。しかし、どうも若作りをやり過ぎてしまうのか、しっくりいかないケースも多々あるようです。

そこで今回は、40代、50代のビジネスマンにぜひ心得てもらいたい、スーツ・ネクタイの若返り成功例と失敗例を、コーディネートする色と柄にフォーカスして紹介したいと思います。

コーディネート色の数と選び方

若作りのコーディネートには、カラーをうまく取り入れる方法があります。しかし、色の取り入れ方も、やり過ぎるとどことなく若く見えるどころか下品になってしまうので要注意です。特に気をつけたいのがVゾーンのカラー・コーディネート。Vゾーンではいろいろな色を取り入れ過ぎると全体のコーディネートもまとまらなくなってしまいます。スーツ、シャツ、ネクタイのコーディネートの色目を4つの系統色以上で合わせるのはダメ。2つから3つ以内の系統色でまとめるとすっきり若々しく見せることができます。

成功パターン: スーツ、シャツ、ネクタイを2~3色の系統色でまとめる

失敗パターン: スーツ、シャツ、ネクタイを4色以上の系統色でまとめる


次のページでは、スーツ姿で失敗しがちなコーディネート色と柄の合わせ方について解説します。


【関連記事】
■最新記事
第一印象をよく見せる方法 スーツ編
ポケットチーフの正しい折り方、挿し方
サイズが大切 スーツ選びのコツとは?