スタイリッシュなロングノーズ木型


REGAL TOKYO
この3月で1周年を迎えるREGAL TOKYO。それを記念して期間限定発売されるパーソナルオーダーとビスポークシューズ。受注会は3月18日(金)~4月3日(日)まで。
REGAL TOKYOが銀座にオープンして、この3月で1周年を迎える。これを記念してパーソナルオーダーとビスポークシューズの受注会が開催される。期間は3月18日(金)~4月3日(日)まで


パーソナルオーダー
木型はロングノーズの2型を用意し、最高級のカーフを使用。色はブラック、カーキ、ダークブラウンの3色。目玉は珍しいカーキ!
ということでREGAL TOKYOに行ってきました。サンプルを目の前にして最初に感じたことは、“思っていた以上にロングノーズで、スタイリッシュ”ということ。

ロングノーズというのは、文字どおり先端付近がぐ~んと長いモデルのことで、スタイリッシュに見せる効果があるのだ。

このロングノーズの秘密は木型にある。今回のパーソナルオーダーのために用意した木型は2つ。

ロングノーズ チゼル・トウタイプと、ロングノーズ ラウンド・トウタイプだ。


チゼル・トウタイプのUチップ
チゼル・トウの木型を使ったUチップ。価格6万8250円(税込)。
チゼル・トウの木型は、REGALが手掛けているジョンストン&マーフィー(以下J&M)の「クラウン アリストクラフト クラシック ドレス」のラインに使われているもので、J&Mファンの間で好評を博している木型なのだ。

ラウンド・トウの木型は、まったく新しく作った木型で、この春の新作にも使われているそうだ。

ラウンドといってもロングノーズなので野暮ったさはない。ノーブルな雰囲気をもったラウンドといった印象である。


厳選された革を使用する


ラウンド・トウタイプのウイングチップ(ブラインドブローグ)
ラウンド・トウの木型を使ったウイングチップ(ブラインドブローグ)。価格6万8250円(税込)。
今回の目玉はロングノーズの木型だけではない。アッパー(甲革)に厳選したニュージーランド産の最高級の仔牛革(カーフ)を使っているのだ。

いわれてみると、上質な光沢感と、しなやかさ、きめの細かさは「なるほどね~」と納得してしまう。

もう少し専門的な話をすると、その生地のなかでも、とくに銀面(表革面)の良好な革を選んで、グレージング加工アニリン仕上げを施している。


ビスポークシューズ
ビスポークシューズのUチップ。今回の受注会では、厳選されたカーフのブラック、カーキ、ダークブラウンの3色から選べる。価格21万円(税込)~。
また、なめしはクロームなめしの後にタンニンを加えた、いわゆるコンビネーションなめしと呼ばれるもの。これによって革本来の風合いが生かされているのだ。

色はブラック、カーキ、ダークブラウンの3色から選べ、さらにインナー(ライニング)もベージュ、キャメル、ブラック、ダークブラウン、ボルドーの5色から選べる。さすがパーソナルオーダーだけのことはある。

もしボクなら「ブラックのブラインドブローグ(穴飾りなしのウイング・チップ)に、インナーはボルドーですね」。このエグさ(死語)がたまりません!


次のページは、「スタイリッシュなチゼル・トウタイプ」です