●休日スタイル 街へ出かける編
★選ぶシューズはこれ

ちょっとしたリゾート気分が味わえるドライビングシューズ

もしあなたが郊外に住んでいて車で街へ向かうなら、ぜひドライビングシューズを一足揃えてほしい。ちょっとした贅沢感を味わえるはず。

イタリア製ドライビングシューズドライビングシューズというとイタリアの『トッズ』が有名だが、国内外の二流ブランドからも発売されているから手頃なものがきっと見つかる。

名前のとおり本来は車内用のシューズなので、アスファルトの上を歩くとすぐにソールのイボイボがすり減ってしまい泣く羽目に・・・。それに修理もできない。なんという贅沢さ! つまり履き潰しなのね。

でもちょっとした買い物程度なら減らないから大丈夫。そのときソックスは専用の丈の短いものを選ぶこと。まるで素足に履いてるように見えますから。若いコがスニーカーに合わせているアレです。


流行り廃りのない定番キャンバススニーカー

コンバース、トレトン、アディダスの定番スニーカーモロッコ製のスタンスミスもっとカジュアルなコーディネートの場合は『コンバースのオールスターやジャック・パーセル。

あのビヨン・ボルグやJFKも履いた『トレトン』、懐かしの『トップサイダー』など、ベーシックなキャンバススニーカーがおすすめだ。どれもシンプルなデザインだからコーディネートを迷うことがない。

なんといってもキャンバススニーカーの魅力はジャブジャブ洗えて気持ちのいいこと。

キャンバス以外では『アディダスのスタンスミスがおすすめ! レザーだけど気分はキャンバスのような軽やかさがある。残念ながらもうフランス製ではないが、春夏には欠かせないスニーカーだ。


あと、注意したいのが防水スプレー。『トレトン』に防水スプレーをたっぷりかけて何年も収納していたら、な、なんと純白からベージュに変色しちゃいました。これが洗っても落ちないんですねー。防水スプレーをかけて、長期保存するときは気をつけましょう。

次のページは、「役立ち度120%のシューズ」紹介です