ボリオリブームはここから始まりました

ボリオリ
K.JACKETのシングルジャケット15万7500円※参考価格(BOGLIOLI/アマン TEL:03-6805-0527) Photo:石井幸久
2003年に登場した「Kジャケット」は、カシミヤに製品染め加工を施すという、それまでの常識を覆す大胆かつ革命的な手法で注目を集めました。高級素材なのにラフ&カジュアルな風合いを放ち、しかもデニムと合わせても違和感なくコーディネイトできるジャケットの登場は、クラシック業界だけでなくメンズファッション界全体に大きな影響を与えました。今では多くのブランドからウールやシルク、レザーに洗い加工を施したアイテムが続々リリースされていますからね。

ソフトコンストラクションですが、肩部分には毛芯を使わず薄手の貼り芯のみで構成されています。袖裏は製品染め加工を施したあとに取り付けるという手の込んだ仕様。その代わり、袖通しはじつにスムーズです。登場当初はカシミヤ素材のみでしたが、現在ではウール素材などに製品染めを施したモデル(上記)もラインナップされています。

人気継続中の大人気モデル

ボリオリ
DOVERのジャケット9万9750円(ともにBOGLIOLI/アマン TEL:03-6805-0527) Photo:石井幸久
2008年に登場して以来、現在のジャケパン主流の時代を牽引したのが、この「ドーヴァー」です。「スーツよりジャケパン!」というビジネススタイル時代の到来は、この「ドーヴァー」によってもたらされたといっても過言ではありません。3パッチポケット&センターベント仕様。細身で短丈のフォルムは実にモダンですが、オフィスでも羽織れる品の良いスタイルをキープしています。

あまりの人気振りは「ボリオリ」よりも「ドーヴァー」の名が一人歩きしてしまったほどで、多くのセレクトショップでは「ドーヴァーください」と指名買いが殺到。店頭に並ぶ前に、予約だけで在庫を消化してしまったところも少なくないそうです。人気は相変わらず継続中ですが、色柄のバリエーションも増え続けているので、今まで買い逃してきた人も今季こそ手にはいるかもしれません。ちなみに、ガイドも買い逃し続けているので、今季こそはと期待しています。

【お問い合わせ先】
アマン
TEL:03-6805-0527

【最近の記事】
インコテックス穿き比べてみました
オンにも着られる旬のカジュアルシャツとは
ジャージー素材のJKが夏の本命です!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。