「SOLO PANTALONE(パンツ一筋!)」のイタリアブランド

インコテックス
イタリアを代表するパンツブランド。ぜひとも一度はお試しを。他ブランドとの差がはっきりと分かるはずです Photo:石井幸久
スーツ以外にプレスを入れて穿くウールのドレスパンツをお持ちですか? 意外なことに、デニム意外の休日のドレスカジュアル(ドレカジ)にはスーツのパンツを流用するという方がいるようです。スーツの組下パンツは、ジャケット着用前提のシルエットなので単品ではいたらカッコ悪いですよ。

まだ納得のいくドレスパンツをお持ちでないなら、迷わずインコテックスへどうぞ。

インコテックスは1951年、イタリア・ベネチアに創業したパンツ専業ブランドです。いまでは大規模な総合アパレルメーカーとなりましたが、「インコテックス」ブランドはパンツのみに取り付けられます。イタリアのサルトリア(仕立て屋)仕様のベーシックなトラウザーズですが、会社に着て行くのはもちろん、カジュアルに着てもスマートに見える点は明らかに他のパンツとは異なります。他メーカーのドレスパンツを穿いて、まぁ、こんなもんかなと思っていた方なら、ぜひインコにトライを。「俺、こんなに脚長かったっけ?」と、驚くはずです。

40代オーバーの80年代ソフトスーツ世代には、ウェストにプリーツの入ったパンツのほうが、腰回りにゆとりがあって穿きやすいうえお洒落なのでは? と思われる方もいるかもしれませんね。たしかにそういう時代もありましたが、もうすっかり時代遅れです。いまだにミドルエイジには当時と同じシルエットのダボダボシルエットの方も見受けられます。早々に考えを改めてください。同時に腰ばき世代の若いビジネスマンの方、時代はすっかりタイト志向ですよ。都会のイケメンは誰も腰ばきなんかしてませんからね。

今回、インコテックスの代表モデルを3型履き比べてみました、微妙な差が伝わるといいのですが、実際は個々の体形によって着たときの印象は異なります。気になったら、ぜひ試着してみてください。

インコテックスの基本「36」モデル

インコテックス></td></tr><tr><td class=インコテックス36モデル2万6250円(伊勢丹新宿店 TEL:03-3352-1111) Photo:石井幸久
クリース(プレスライン)を入れてはく、ドレススタイルのためのパンツとして、本国で不動の人気を誇るのが、こちらの「36」モデル。インコテックスの基本ともいえるスタイルです。

直立時にフロントが浮かず、太腿のサイド部分が膨らまないようにシェイプされているので下半身がすっきり、脚も長く見えるのが特長です。着丈が長めのクラシックなジャケットには、裾幅20.5?からはじまって丈詰めするとちょうど21?ぐらいに収まる「36」モデルが、バランスよくコーディネートできます。

ノープリーツですっきり見えるフロントに、緩やかなテーパードラインは、ビジネススタイルから大人のためのオフのカジュアルスタイルにまで対応するオールラウンダーです。足元は革靴はもちろん、スニーカーを合わせても様になります。素材はビジネスなどドレスなシーンに相応しいウール素材から、気軽なストレッチピケまで抱負なラインナップがあります。

見た目にはそれほど細く見えないため、スーツの組下パンツのような安定感もあるはずです。「モテスリムとか気恥ずかしいんだよね」と、細すぎる今どきのパンツシルエットには抵抗があるクラシック志向の方にもおすすめです。

ちなみに腰位置が高くて大きい外国人は、逆台形のテーパードラインが美しいボトムズシルエットを描きます。胴長で腰回りが小さく膝下が短い日本人がはくと、逆三角形のシルエットは重心が低く見えるので脚長の視覚効果は薄れます。そのためデニムも昔ながらのテーパードラインより、膝下ストレートやブーツカットのような「セレブデニム」が似合うのです。この事実にいちはやく気付いたインコテックスは「日本人に似合うドレスパンツのシルエットがあるはず」と研究を重ね、日本仕様のモデルを開発しました。それが、次にご紹介する「J35」モデルです。

次のページではJ35と30モデルを紹介します