文章 : 佐藤 明男(All About「男のヘアケア」前ガイド)
薄毛とともに髪の大きな悩みのひとつである白髪、とくに若白髪は若い人たちにとっては見逃すことのできない大きな問題ではないでしょうか。
今回は白髪はなぜ発生するのかというメカニズムから、その予防法までを伝授します。

なぜ黒い髪が白くなってしまうのか?

image
若いころ黒かった髪も、しだいに白く…。果たして何が原因なのでしょうか。
それではまず基礎知識から。
白髪とはその名の通り白い毛ですが、もともと黒かったものがなぜ白くなってしまうのでしょうか?
原因はメラニン色素の不足にあります。毛根にあるメラニンを作り出す細胞に、なんらかの異常が発生し、髪を黒くできなくなると白髪が生えてきてしまうというわけです。
それではその異常の原因にはどのようなものが考えられるのでしょうか。若白髪の場合と、中高年の場合に分けて解説します。


気になる若白髪の原因とは?

若白髪の原因として考えられるのは「遺伝」と「ストレス」です。
実は小学生でも白髪が生えてきたというケースがあり、この場合は遺伝的な原因が強いのではないでしょうか。
しかし、現代人は非常にストレスを抱えやすく、一概に遺伝的なものが原因だとは言い切れません。
特に中学生~大学生までの白髪は、受験勉強や人間関係などで強いストレスを抱えるもの。ストレスを受けすぎると、メラニン色素を作り出す細胞と密接な関係にあるホルモンのバランスが崩れてしまいます。つまり、ストレスを受けた結果メラニン細胞に異常をきたし、白髪になってしまうというのです。
「突然白髪が増えた!」という人の原因はこのストレスによるものが多いです。親族の不幸や、両親の離婚などでいきなり白髪が増えたというケースもあるようです。

それでは中高年の白髪の原因とは?

image
ストレスを抱えやすい管理職などは、白髪になりやすい!?
いっぽう中高年の白髪の大きな原因は「加齢」、またそれにともなう「血行不足」などが挙げられるでしょう。
歳をとっていくと、自然とメラニンの量は低下してしまいます。さらに、血行が悪くなり、頭の血管が圧迫され、髪に栄養がいきわたらず白髪になる……ということが考えられます。
また、若白髪の原因と同じように「ストレス」も忘れてはならないところでしょう。社会に出て働くことで、それまで味わったことのない負担が精神的にのしかかることもあります。たとえば結婚したり、家庭を築いたりすることで、一人のときのような自由さが失われてしまうことに起因するものもあるのではないでしょうか。