でも食べなければ筋肉がつかない

とは言っても、いくらトレーニングした所で、まず食べなければ筋肉はつきません。皆さんは普段の食事で十分なたんぱく質を摂取できているでしょうか?参考までに市販食品のたんぱく質と脂肪の量、カロリーを下にまとめました。
プロテイン
【最新 目で見るカロリーハンドブック、五訂食品成分表より】

高たんぱく・低脂肪・低カロリー

体重70kgの人が筋肉を増やそうとしたら一日に70~140gのたんぱく質を摂取しなければなりません。ミートスパゲティーなら約7皿~9皿の量になります。ですが、これでは摂取カロリーが5000kcal近くになってしまいます!これではいくらトレーニングしても脂肪がついてしまいます。
ですので、筋肉を増やしたいと思っている方は高たんぱく質で低脂肪かつ低カロリーな食品を意識して摂取しましょう!

低脂肪・高たんぱく質な食品例

ビルダー食
たんぱく質はなるべく低脂肪のものを選びましょう。
【動物性たんぱく質】
・ 牛、豚のヒレ肉
・ 牛、豚の赤肉
・ 鶏のムネ肉(皮なし)
・ 鶏のささみ
・ 牛、豚、鶏の内臓(舌は脂肪が多い)
・ 鶏の卵白
・ ほとんどの魚(さば、ぶり、ぼら、まぐろの脂身、卵、内臓は脂肪が多い)
など…

【植物性たんぱく質】
・ 大豆
・ 豆腐
・ えんどう豆

など…

基本は食事から

プロテイン
プロテインなどのサプリメントは、トレーニング直後など食事がすぐに摂れない時に、大いに活用しましょう!
たんぱく質に限らず、全ての栄養素はやはり食事からたんぱく質を摂取することです。サプリメント漬けの生活を送ることは、食事の楽しみも健康も奪ってしまう可能性があります。
サプリメントはあくまで「栄養補助食品」です。食事で補えない栄養を補うものなので、基本となる食事が良くないと、あまり効率的ではありません。楽しく食事をして理想の肉体を手に入れられたら最高ですね!!

【最近の記事】
アミノ酸講座
なぜ1日1万歩?
運動中のインフルエンザ感染に注意!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。