3-1 ウエイトトレーニング
ニー・トゥ・チェスト 20回/3セット

スタート
腰が反らないように注意しましょう
【スタート】
座って、手を腰の後ろにつきましょう。両足を上に持上げて、膝を少し曲げましょう。

フィニッシュ
両膝を胸に引き寄せてください
【フィニッシュ】
膝を胸に引き寄せます。この時にアゴを引いて、背中を丸めるようにして息を吐き切りましょう。

3-2 1分間有酸素運動

フロント・ニー・タッチ(前に腿上げ) 1分間で60タッチ
立位で手をお腹の前で組み、膝が手に当たるまで、足を持上げてください。左右交互に行います。この時に背中が丸まらないように注意してください。


1分間有酸素運動を縄跳びに変えてもOK

ジャンプロープ
縄跳びは、短時間でもかなりのカロリーを消費できます
今回ご紹介した、1分間有酸素運動を縄跳びに変えても同じ効果が得られます。その場合は1分間に100回以上飛ぶ事を目標にしてください。カウンター付のロープを使うと便利です。ご紹介した腿上げより、運動強度を高くしやすく、カロリーも多く消費します。



今回ご紹介した、腹筋のトレーニングと有酸素運動を組み合わせるようなトレーニング方法は、自宅でこそ出来るやり方です。ジムではウエイトトレーニングのインターバル中に、他の運動をするわけにもいきません。

今回は腹筋と有酸素運動を組み合わせる方法をご紹介しましたが、全身どの部位のトレーニング種目と組み合わせても行えます。その場合は鍛えたい場所の種目を3種目選んで、20回が限界になるような種目を3セット、インターバルは1分間有酸素運動を行うと効果的です。

いろいろなバリエーションでビール腹を凹ませましょう!

【関連記事】
検証 加圧トレーニング

【最近の記事】
正月太りに効果的なサプリメント ベスト5
オフィスで3分 腰痛解消ストレッチ
チューブトレーニングで筋肉UP・脂肪燃焼

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。