お腹だけがポッコリ出る「ビール腹」になっている方はいませんか? お腹を凹ますなら、厚着で体型が隠れている今がチャンスです。誰にも気付かれずこっそり体型を変えましょう!

15分エクササイズで脂肪燃焼

有酸素運動は脂肪が燃焼しやすい運動。ウエイトトレーニングは代謝を向上させるエクササイズです。この2つを組み合わせれば完璧。ただし、やり過ぎには注意したい所です。

今回ご紹介する腹筋+有酸素運動「15分エクササイズ」は1日~2日置きに週3回。もの足りない方は、ウォーミングアップに10分有酸素運動と、プログラムの後に20分有酸素運動を行うとさらに脂肪が燃焼されます。もちろん、今回ご紹介する15分エクササイズだけでも効果的です。

ウエイトトレーニングが脂肪燃焼に効果的な理由は?

ランニング
ランニングや水泳、自転車などの長く続けられる有酸素運動は、脂肪をエネルギー源とする運動です
ポイントになるのは成長ホルモン。ウエイトトレーニング=無酸素運動=糖質がエネルギー源の運動で、体脂肪を減らす効果はないと思ってしまいますが、ウエイトトレーニングは成長ホルモンを多く分泌し、運動後の脂肪燃焼に効果があります。

成長ホルモンは筋肉や骨などを強く大きくする作用があり、体脂肪に対しては分解を促進する作用を持っています。成長ホルモンが多く分泌されるほど、筋肉はつきやすく、脂肪が燃焼しやすくなるのです。

ウエイトトレーニングは成長ホルモンの分泌を高める

加圧トレーニング
<以前の記事でご紹介した腕や脚の付根にバンドを巻いて行う加圧トレーニングは、成長ホルモンの分泌を高めます
ウエイトトレーニングに代表される無酸素運動のエネルギー源は糖質です。糖質を使った運動は筋肉の代表的な疲労物質である乳酸が発生します。この乳酸が溜まれば溜まるほど、運動後に成長ホルモンが分泌されるのです。エクササイズで使った部位がパンパンに張れば張るほど、運動が続けられなくなればなる程、成長ホルモンの分泌を高めます。

この作用に注目したのが以前の記事でご紹介した加圧トレーニングです。加圧トレーニングは乳酸の分泌を高め、成長ホルモンの分泌を促進します。より効果を出したい方は加圧トレーニングにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。もちろん、20回以上繰り返すようなトレーニング方法でも、同じような効果を得られるので、今回紹介する15分間プログラムもやってみましょう。


それでは次のページから、15分間エクササイズを始めましょう!