スキンケアの基本は潤いを補給することにあります。洗顔やシェービングの後、肌に塗るローション(化粧水)は乾いた肌に水分を補給するのに役立ちます。

そんなローションですが、みなさんはどうやってつけていますか? ローションを購入して、説明書を読むと「コットンまたは手を使って肌につける——」と書いてあることが多いもの。コットンを使用している人、手でバシャバシャとつけている人。さて、どちらが男の肌にとってよいのでしょうか?


コットンを使用する場合

コットンは清潔なものを使いましょう
女性は当たり前のように使用しているコットンですが、男性が使う場合の長所と短所を考えてみます。

長所
コットンを使うとまんべんなく塗布できます。顔は凹凸が多いので、コットンに浸しておけば凹んだところにもつけやすくなります。
また、時間をかけてゆっくりとパッティングすることで、ローションを肌の奥にまで浸透させることができます。

短所
ローションをコットンに染みこませたり、パッティングしたりと時間がかかります。またヒゲを伸ばしている人はもちろん、剃っている人でも、少しヒゲが伸びた夜はコットンが引っかかって、繊維が顔につくこともあります。
そして、コットンを軽く叩くのではなく、こするようにつけてしまうとそれが刺激となってトラブル招く原因にも。


次のページでは手でつける場合の長所と短所を探ります。