夏、本番を迎えて紫外線対策が欠かせません。でも、精悍な印象を与える小麦色の肌に憧れる人もまだたくさんいます。しかし、シミやシワ、たるみなどを引き起こす光老化を考えると、むやみに肌を焼くこともできないというジレンマ。

そこで今回は、そんな悩める人たちのために開発された“セルフタンニング”をご紹介しましょう。最近、注目されているこのコスメを使えば、理想的な小麦肌をゲットできますよ。

セルフタンニングとは?

塗るだけで、小麦色の肌が手に入るのが人気の秘密
まず、セルフタンニングとは何かを説明しましょう。紫外線に当たることなく肌に塗るだけで、日焼け肌を演出できるコスメのことです。“sunless tanning”などとも呼ばれ、肌への負担がほとんどありません。

よく、日焼けサロンのマシンは大丈夫などといいますが、それは大きな間違い。たしかに太陽の紫外線に比べると、火傷のような症状を起こす刺激の強いUVBは除去してあるものの、UVAを利用して日焼けをする仕組みのものがほとんどだからです。近年、真皮まで到達するUVAも肌に深刻なダメージを与えることがわかってきているのです。

マシンような光を利用するものではなく、表皮のたんぱく質に働きかけて変色させるのが、セルフタンニングなのです。メラニン色素を刺激しないからシミになることもなく、コラーゲンやエラスチンなどを破壊しないので、シワやたるみなどを引き起こすこともありません。


塗る前には準備が必要

肌の余分な角質を除去するスクラブはセルフタンニンに必須の下準備です
では、早速、塗ってみたいところですが、その前にぜひやって欲しいことがあります。それは肌を清潔にすることと、余分な角質を取り除くことです。

まず顔や体をきれいに洗いましょう。汚れがついていては、せっかくのコスメもその本領を発揮できません。さらにその時にスクラブを使うとより効果的です。スクラブは毛穴の奥の汚れを掻きだし、余分な角質を取り除いてくれます。

これをすると肌がツルツルになり、セルフタンニングを塗った時にムラがなく均一な色を出せるのです。この下準備をきちんとするか否かで、仕上がりがまったく異なります。

次のページではセルフタンニングのビフォア&アフターをご覧にいれましょう!