スキンケアの基本は洗うこと。汚れや皮脂を落として清潔にすることが何よりも大切です。たくさんのコスメメーカーがありますが、そのほとんどにクレンジングがあります。その中でも今、注目を集めているのが固形石けん。特に洗顔ではリキッドやチューブタイプがメインを占める中で、固形タイプがまた、増えてきています。

なんとも懐かしいアイテムですが、なぜ今、こんなに人気があるのでしょうか? 昔ながらの固形石けんは成分や製法にもよりますが、肌への負担が少ないこと、生分解されて環境に負担が少ないことなどが理由に挙げられます。

しかも国産というのも大きなポイント。毎日、使うものなので出自の正しい安全なものを消費者は求めている表れではないでしょうか。

そこで、今回はそんな国産の固形石けんの注目株をご紹介します。

ニオイ対策用の石けんを発見!

プレジール「リゼロ プレミアム柿炭ソープ」90g 945円
ご存知の通り、中年以降になると出てくるといわれる加齢臭。脂っぽくて、腐食したようなニオイといわれるアレです。

この加齢臭対策として注目されている成分の一つに柿渋エキスがあります。その柿渋エキスを5%も配合している石けんがこちら。通常は2~3%程度なので、約2倍の配合率。しかも国産。そして気になる消臭率は99%という高さです。945円というコストパフォーマンスのよさも見逃せません。最近、クサイと言われたなど悩んでいる方にはお勧めです。


実際に使ってみると

ふんわりとした泡がたっぷりとできます。苦手な人は泡立てネットを使ってもよいでしょう
さらにこちらの石けん、ちょっと見た目が黒いです。というのも国産の炭を配合しているため。炭もまたニオイや汚れを吸着するとしてよく知られた成分。皮脂が多量にでる男性には使いやすいですよね。

このリゼロのアイテムは消臭にこだわったものばかり。特に日本人の男性は香りをオンするよりも、ニオイをオフするデオドラント志向が高いのでトレンドに乗っているといえます。なので、クールグリーンの香りがついているのはやや残念。個人的には無香料のバージョンもあるとベターかなと思いました。


写真のように泡立ちは抜群でした。そして消臭力もよかったです。本来はボディ用とのことですが、顔と頭にも使ってみました。炭が入っているので、顔に使うと皮脂がしっかり落ちていく感じがして、脂性肌の人に向いています。また、髪の毛をこれで洗ってみたら、非常によかったです。ややギシギシする感じですが、頭皮特有の脂っぽいニオイがなくなってすっきり。翌朝の寝具にニオイが残っていないのはさすがです。

次のページでは話題沸騰のなまこの石けんをご紹介します。