3列シートをスタイリッシュなスタイルで包み込む

プジョー308SW
1.68平方mのパノラミックガラスルーフや独立開閉式リアガラスハッチなどを採用。プレミアムとブラックレザー内装などの豪華仕様をもつグリフをラインナップ

プジョー308SW
プジョー308SW
多彩なシートアレンジをもつ3列シートを採用。2、3列目を取り外すことも出来る
スタイリッシュさはプジョーとして譲れないところだが、そこに無理なく3列シート(2/3/2の7人乗り)を飲み込んだ。VWトゥーランあたりがライバルになろうが、あれほどミニバンっぽくないのがいい。

以前の307SWでは、2列目真中のシートが狭く、エマージェンシーにしか見えなかったが、ひと回り大きくなったボディサイズの恩恵か、今回は平等になった。もちろんシートアレンジも多彩だ。

加えて、2列目3列目シートの脱着も簡単。3列目を外せば500リッター以上、2列目も併せて外せば最大1700リッター以上の荷室が出現する。ミドルクラスワゴン以上の包容力だ。開閉式のガラスハッチも“ワゴン派”には嬉しい。

もうひとつ、ガラス部分がさらに拡大されたパノラミックガラスルーフ(標準装備)も人気のアイテムである。

さて。308SWの日本仕様に積まれるエンジンは1機種だ。BMWとの共同開発で生まれた、直噴1.6リッターターボエンジンで、やや古くさいが4速ATが組み合わされる。2種類のグレード、プレミアムとグリフが用意された。試乗車は16インチタイヤを履くプレミアムだった。

308SWの走りは次ページ