コンパクトクロスオーバーに要注目

プジョー2008フロント

ボディサイズは全長4160×全幅1740×全高1550mmで、フロントが50mm、リヤオーバーハングが150mm長くなり全長は200mm長くなっている。全高は80mm高くなっているが、立体駐車場への入庫にも対応する

今回取り上げるプジョー2008、ルノー・キャプチャー、ホンダ・ヴェゼルは東京モーターショーで公開されたモデルだ。

共通するのは全長4.1m~4.3mくらいの短めのボディをSUV風の外観にして車高を高めた、いわゆる「コンパクトクロスオーバー」。2008はプジョー208、キャプチャーはルノー・ルーテシア、ヴェゼルはホンダ・フィットがベースで、ハッチバックでは飽き足らない層を狙う。

今後も2014年後半の導入がすでに発表されているフォード・エコスポーツ、少しサイズは大きいがメルセデス・ベンツのGLAクラスも導入されるはずだ。国産勢では少し小さいが、日産ジュークが同クラスの先駆車的な存在で、輸入車ではMINIクロスオーバーくらいしかいままでなかった。

なお、フォード・ジャパンの方に伺ったところ、かなり前からフォード・エコスポーツの日本導入を探っていたところ、東京モーターショーでプジョー2008、ルノー・キャプチャーが相次いで日本での発売を発表したので慌てたらしい。

4人家族にちょうどいい

プジョー2008リヤ

グレードは電動サンシェード付パノラミックガラスルーフが付く「2008Cielo(シエロ)」が270万円、「2008Premium(プレミアム)」が246万円で、安全を含めた装備では「プレミアム」でも十分に2008の良さを享受できる

プジョー2008もそうだが、こうしたコンパクトクロスオーバーのメリットといえば扱いやすいサイズはそのままに、見晴らしのいい視界とより広い後席とラゲッジスペースにある。ハッチバックやセダンなどよりも豊かなカーライフを送れる気分に浸れるから不思議だ。

当然ながらこうした利点の対価としてハッチバックよりも価格もアップするが、ハッチバックでは少し広さなどがもの足らない人や、ファミリーで使うので荷室などのプラスアルファが欲しいなら打ってつけの存在だ。

日本で最も売れているMINIがMINIクロスオーバーであるのも、そうしたメリットを評価する人が多いことを裏付けている。

次ページ
は、プジョー2008の走りについて