スーパーカーに至るクルマ道の道筋にあるスペシャリティ

プジョーRCZ

2007年のフランクフルトショーに出品されたコンセプトカー、308RCZの市販版となる2+2スポーツクーペ。国内には右ハンドルの6AT仕様(399万円)と左ハンドルの 6MT仕様(423万円)をラインナップした。サイズは全長4290×全幅1845×全高1360mm

プジョーRCZ

AピラーからCピラーまでアルミ製のパネル(アルミナムアーチ)で一体化させたデザインや、ルーフからリアガラスにかけて2つのコブのような膨らみをもたせたダブルバブルルーフが特徴的

プジョー史上、はじめて数字以外(といってもアルファベットのみだが)の車名を与えられたモデルである。もともとは308RCZとしてショーデビュー(デザインコンセプトカー)していたことからも分かるように、ベースは308シリーズだ。

とにかくショーカーそのもののカタチで出てしまった。そこがまず凄い。何が凄いって、ルーフのダブルバブルがそのままリアウィンドウに連なっていくあたり。これはもう、スーパーカー級の芸当である。しかも、望めばカーボンルーフにもできる。デザイン性の高さとユニークさという点で、これを上回るコンパクトスペシャリティはない。ついでに言うのは忍びないが、インテリアの仕上げだって、オプションのフルレザー仕立て(インテグラルレザー)を選んでも選ばなくても、かなりスペシャル!

プジョーRCZ

ヘッドレスト一体型シートを採用した前席は、308CCより着座位置が45mm下げられている

 

決して、カタチだけの伊達車じゃない点もRCZの凄みだ。左ハンドルには6MTと200psの直噴ターボエンジンが、右ハンドルには6ATと少しパワーを落とした(といっても156psと十分)直噴ターボエンジンが、それぞれ組み合わされるが、いずれも308シリーズとはひと味違うライドフィールをもつ。ちなみに両エンジンともBMWとの共同開発。

特に、6MTモデルは、18インチホイールをすっきり履きこなしており、硬いながらも弾力性のある足応えがたまらない。スポーツ派にはオススメの1台。

久々に、クルマ好きをドキっとさせたプジョーである。

プジョーRCZ

BMWと共同開発した1.6リッター直噴ツインスクロールターボエンジンを搭載。6ATには最高出力156ps/最大トルク240Nmの仕様を、6MTには最高出力200ps/最大トルク275Nm仕様と差別化が図られている

ルーフの造形に痺れることができる人、フラットかつしなやかな乗り味を楽しめる人、スペシャリティカーに乗ることの意味をよく知っている人、にこそぜひ乗ってもらいたいが、そうなりたいと思っている人がそんな人になれるクルマでもある。女性が降り立つシーンも、よく似合うだろう。

スーパーカーに至るクルマ道の道筋にある稀なアンダー500万円カーだ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。