非常にモダンな“スポーツハッチカー”

プジョー208GTi

ボディサイズは全長3960mm×全幅1740mm×全高1470mm。価格は299万円

プジョー208GTi

往年の名車、205GTi

車名を聞いて、すわ、あの名車205GTiの復活、なんて思ってしまったのはどうやらボクのハヤトチリだったようである。漫画『ストップ!! ひばりくん!』の江口寿史なんかが出てきちゃったし、てっきり80年代のあの栄光よもう一度! 的なホットハッチモデルを期待していたら、あっさり裏切られてしまった。

良い意味でも悪い意味でも。

悪い意味、というか、ガッカリしたけどそりゃそうだよな、と思わざるをえなかったことを先に言うと、新しいGTiは、昔の205にはあった、どこかエキセントリックでスリルのある過激な楽しさとは、無縁であったということ。

そりゃそうだろう。スーパーカーだってスリルを失って久しい今の時代に、いくらホットハッチだからといっても、昔のような「山椒は小粒でぴりりと辛い」的な走りを期待する方がおかしい。
プジョー208GTi

フローティンググリルはチェッカーフラッグをモチーフとした専用デザインに。マットなレッドのアクセントラインや専用レタリングも入る

ひとことでいうと、非常にモダンでスポーツハッチカー、である。

だから、良い意味の方はといえば、その裏返しで、誰もが楽しめるスポーツカーになっていた、ということ。RCZと同じパワートレインはあくまでも扱いやすく、軽い車体とあいまって、実質の速さとともに、マニュアルミッションの操作にもある程度の鷹揚さを認めてくれる。ズボラに運転したって、速い。
プジョー208GTi

208の特徴となる小径ステアリングを採用。ドアパネルのグラデーションを始め、テーマカラーのレッドを各部に用いる