ノーマルとは魂のこめ方が違う

プジョー208GTi

Cピラーには専用エンブレムを装着。一部をダークグレーで塗装した17インチホイールと、レッドのブレーキキャリパーを備えた

要するにだ。過去のGTi的マニアさはスッカリと影を潜めてしまっていて、それがつまりは進化したGTiなのだよ、とプジョーは言いたいわけだ。もし、205GTiのあとを受けて、歴代200系モデルがGTiを進化させていれば、今、こうなっていたはず。おそらく、そう言うアピールなのだと思う。

だから、ノーマルの208モデルに対する造りこみ=魂のこめ方の違いが、歴然とその乗り味に現れていた。ボクはノーマルの208、特にMTモデルに何となくアンバランスで扱いづらい印象を抱いていたが、GTiにはそれがまったくと言っていいほどない。
プジョー208GTi

エンジンは直噴や可変バルブコントロール、ツインスクロールターボなどを備え、歴代200シリーズ最高のパフォーマンスを誇る。6MTのみが用意された

プジョー208GTi

最高出力200ps/最大トルク275Nmを発生する1.6リッターターボを搭載

足の動きはあくまでもしなやかで、3ペダルの踏み込みフィールも問題なく、エンジンは力強く回りきる。回して楽しむエンジンじゃない(6000回転チョットしか回らない)ことが欠点と言えば欠点だけれども、総合点では今、望みうる最高のスポーツハッチの一台だと思った。

そのことは、同時に用意されていたXYと乗り比べてみれば歴然としている。こちらも3ドアの3ペダルなのだけれども、ペダルの踏力やパワートレインのフィール、動きだしにおけるシャシーの緻密さ、ステア時の質感、どれをとってもはっきりとXYが劣っていた。全く違うクルマなんか?  と思ったほどだ。

特に、シャシーのしなやかさには、参った。荒れたアスファルト路面での乗り心地から、ワインディングロードを攻込んだときの懐の深さまで、超一級品である。