2.2リッター直列4気筒エンジンを積んだ406は、本国では少し前からパック・スポール(スポーツ・パッケージ)としてラインナップされていた。向こうでも2.2リッターエンジンはスポーティグレード専用というわけだ。したがってトランスミッションも5速MTのみ。今回輸入された406スポーツは、これを日本仕様に仕立てたものといっていい。ただしハンドル位置は左。かつての405Mi16の後継車ともいえる。


外観はみごとなぐらい普通だ。同じ4気筒エンジンを積むセダン2.0と比べても、ホイールが15インチから206S16と同じデザインの16インチ、タイヤが195/65R15から205/55R16にサイズアップされたぐらいで、エアロパーツはおろかSportという文字すら付いていない。ただ、3色あるボディカラーのうち写真のシルバー以外(ブルーとブラック)はスポーツの専用色となる。差別化のしかたが渋い。


内装はそれに比べると、ほかの406との違いがいくつかある。最初に気づくのが、ダッシュボードからドアトリムへと走るブルーのガーニッシュだ。ちょっと違和感のある色だが、シートのファブリックやレザーのステッチのブルーと合わせて、「スポーツ=ブルー」というイメージを打ち出したかったのだろう。それ以外ではメーターにクロームメッキのリングが付き、ステアリングは本革巻きとなる。