乗りこなしている人はカーライフの嗜み上手

プジョー308

2007年に登場した欧州Cセグメントに属するハッチバック。最高出力120psの1.6リッターエンジンに4ATを組み合わせたエントリーモデルのスタイル(254万円)、最高出力156psの1.6リッター直噴ターボに6ATのプレミアム(279万円)とシエロ(309万円)、6MT(最高出力150ps)のプレミアム(269万円)をラインナップする。先代の307と比べ全長が80mm、全幅が60mm大きく、全高は15mm低いロー&ワイドなスタイルとされた

プジョー308CC

リトラクタブルメタルルーフを備える4シーターオープンのCC。エクステリアはフロントとボンネット以外は専用デザインとされた。ルーフの開閉は約20秒で行うことができる。価格はプレミアムが420万円、インテグラルレザーを標準としたグリフが460万円

308シリーズはプジョーラインナップの中で、207に次ぐ主力モデルである。ハッチバックモデルを基本としており、ヨーロッパ市場ではVWゴルフやルノーメガーヌのライバルだ。

207シリーズとほとんど同じようなモデルラインナップを採っている。すなわち、5ドアハッチバック/5ドアSW(トールワゴン)/CC(クーペ&カブリオレ)で、面白いのはSWが7人乗りであるということ。少々窮屈ではあるけれども、いざと言うときにはミニバン的な使い方もできるというわけだ。

同じようなラインナップだから、308にも207と同じようなことが言える。ハッチバックはとても基本に忠実でいかにもスタンダードなコンパクトカーだし、SWはマルチシーターのファミリィカー、そしてCCはスペシャリティ、である。

プジョー308SW

3列7人乗りのワゴンモデル、SW。1.6リッター直噴ターボに6ATのプレミアムのみをラインナップする。ハッチバックより全長が225mm、全高が45mm大きく、先代モデルより全長が95mm、全幅が60mm拡大している

個性の幅が広い。実用ブランドゆえ、いずれのモデルでも取り扱いは至ってフツウで誰でも気軽に乗りこなせてしまうけれども、だからといって自分らしいクルマの乗り方とはなんぞや? を十分知っていない人が格好だけで選んでしまうと“うまくハマらない”。207にせよ、308にせよ、ちゃんと乗りこなしている人は、だからカーライフの嗜み上手である。

207シリーズと同様に、BMWと共同開発(つまりアチラはミニ用)した1.6リッター直4ガソリンを積んでいるが、自然吸気はハッチバックのスタイル(最廉価グレード)のみで、その他は全てターボエンジンだ。しかも、ターボ車には最新かつ待望の6速オートマチックが組み合わされた。

プジョー308

1.6リッターターボエンジンは直噴に加え、排気圧力を2つの経路に分けてタービンを駆動させるツインスクロールターボや連続可変バルブタイミング機構などを備える

ハードやスペックだけでは語れない、心地よい実用車とは何か。そのひとつの例を教えてくれるモデルでもある。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。