ハッチバックより“プジョーらしい”しっとりした走り

プジョー308SW
1.6リッター直噴ターボエンジンに4ATを組み合わせる

乗り込んでしまえば、基本的に既に登場済みのハッチバックと変わるところがない。相変わらず、このクラスとしてはクオリティの高い、見栄えの良いインテリアだと思う。

走り始めのマナーに多少4速ATゆえのぎこちなさを感じるものの、必要十分な力を発揮するエンジンと動きのいいアシのおかげで、走りの質感には満足できる。特に、ホイールベースが延びたからか、乗り味により深みが加わって、これぞネコアシという趣だ。乗り心地もいい。

さすがにハッチバックと同様の軽快さ、というわけにはいかないが、重量が増えたぶん、しっとりと走るのもいい。こちらの方がプジョーらしいと思う。高速走行時の安定感も308シリーズの中で最も良好だ。

洒落た雰囲気に実用性の高さ。実にフランス車らしいクルマだと思う。

プジョー308SW
インパネ回りはハッチバックモデルのデザインを踏襲、左右独立調整式オートエアコン、パフュームディフュ-ザーなどの快適装備も充実

撮影:尾形和美・カーセンサー
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。