オンデマンドVICSで渋滞情報を素早く取得

次に案内能力。まずうれしいのが、渋滞情報をすぐに取得できることだ。サンヨー・ゴリラなど、FM多重VICSを搭載しているモデルなら、電源を立ち上げしばらくすると渋滞情報が表示されるが、FM多重VICSで提供されるのは広域情報なので、渋滞考慮ルート探索はできない。ところがMapFan Naviiの渋滞情報は、光/電波ビーコンで提供されるものと同じ、区間旅行時間の情報を含んだもの。そのため、渋滞考慮ルート探索ができるのだ。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/6/2/06.jpg
通信で渋滞情報を取得。渋滞考慮ルート探索も可能だ

しかも、アプリケーションを立ち上げると同時に自動的に通信を開始し、渋滞情報を取りに行くので、行き先を検索している間に、最新の渋滞情報を取得できる。走行中も約5分おきに渋滞情報を取得しに行く。PNDの中にも光/電波ビーコンVICSに対応しているモデルはあるが、ビーコンが設置されている道を通らないと情報を取得できないわけで、出発前に最新の渋滞情報を取得できるのは、とてもありがたい。

高精細画面でわかりやすく案内

ルート案内時の画面表示だが、地図表示の繊細さが、一般的なPNDとは異なる。というのもWILLCOM D4の5インチワイド・ディスプレイはWSVGAの高解像度。26万2,144色1024×600ドットの表現力を持っているのだ。この高解像度を持ったPNDは今のところ存在しない。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/6/2/07.jpg
方面看板やレーン案内も見やすい
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/6/2/08.jpg
都市高速の入口はイラスト表示

地図データもその高解像度を生かすべく作り込まれている。たとえば方面看板案内の裏に地図が透けて見えていたり、地図の描画がとても滑らかだったり。都市高速入口のイラスト表示もリアルでわかりやすいものだ。

次ページはWILLCOM D4+MapFan Naviiの走行インプレッション