測位に厳しい場所では不安定な面も

さらに、高層ビル街ではマルチパスの影響を受けやすいようで、自車マークが道路上にマッチしない動きを見せることがあるし、高速道路の高架下でもたびたび同じような現象がおきる。またトンネルに入ってGPSの電波が途切れると、自車マークは止まったまま。再補足したときの復帰はそれほど遅くはないが、カーナビに特化したPNDに比べると、自車位置の測位精度はそれほど重視していないようだ。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/6/2/10.jpg
空が開けた場所では測位は安定

とはいえ、普通にGPSの電場がキャッチできる場所では測位は安定していて、しっかりと道路をトレースしているので、郊外では十分に役に立つ。

販売はソフトとGPSレシーバーのセットで

クルマへの装着はサンワ・サプライ製の車載ホルダーを使用。エアコンのダクトに装着するタイプの汎用のホルダーで、左右のホールド部分がかなり厚いため、あまりスマートとはいえない。また、装着状態でGPSアンテナは下、電源は上にケーブルを接続する。そのため、配線もスマートではない。現時点ではシガーライターから電源をとるキットが発売されていないようなので、車載ホルダーも含めて、ぜひともスマートに取り付けられるものを発売してもらいたいものだ。

「MapFan Navii for WILLCOM D4」は、当面、ソフトとGPSレシーバー&USB変換コネクター(ともにアイ・オー・データ機器製)がセットのカーナビパックとして販売。全国のウィルコムプラザ、オンラインショップ「ウィルコムストア」、およびウィルコム取扱店で購入できる。オープン価格だが、ウィルコムストアでの販売価格は24,800円だ。

【関連リンク】
・WILLCOM D4
・WILLCOM D4(シャープ)
・マップファン・ナビィ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。