カーナビやカーオーディオの能力をきちんと発揮するには?

ダイヤトーン・サウンド・ナビを始め、最近は「音が良い」ことをアピールするカーナビが増えている。だが、カーナビやカーオーディオの場合、機器そのものの音が良くても、ただ取り付けただけでは機器の能力の10分の1も発揮できない。個々のクルマに応じて、調整が必要なのだ。逆にいうと、きちんと調整することで、機器の能力を最大限に引き出し、良い音で音楽を楽しめるようになる。といっても、普通、調整は取り付けたお店がやることだが、覚えておいて損は無い。ダイヤトーン・サウンド・ナビを例に挙げ、調整の勉強を。
01

ダイヤトーン・サウンド・ナビは音が良いナビとして人気


イコライザーってなに?

カーナビ&カーオーディオの調整といえば、まず思い浮かぶのはイコライザー。7バンド、10バンド、31バンドなど、バンド数の違いこそあれ、ほとんどのモデルに搭載されているはずだ。またグラフィック・イコライザーのほかに、パラメトリック・イコライザーを搭載したモデルもある。
02

音響特性を整えるのもイコライザーの役目

イコライザーとは周波数帯域別にレベルを上げ下げして、周波数特性をコントロールする機能。バンド数が多いほど、細かい調整ができる。ダイヤトーン・サウンド・ナビのスタンダードモデル、NR-MZ60の場合は10バンド。31.5Hz、63Hz、175Hz、250Hz、500Hz、1kHz、2kHz、4kHz、8kHz、16kHzと、1オクターブごとの周波数を中心として、レベルを上げ下げできる設計だ。

 

音響特性を整えるのが本来の役割

このダイヤトーン・サウンド・ナビでもそうだが、多くの機器にはポップス/ロック/ジャズなど、音楽ジャンルに合わせてあらかじめ調整を施したイコライジングをプリセットしており、簡単に呼び出せるようになっている。もちろん、それを使って気に入った音を選ぶ手もある。が、イコライザーには、車内の音響特性を整えるという役目もある。

というのも、クルマの中は音楽を聴く空間としては狭い上に、ガラスやダッシュボード、シートなど、音を反射したり吸収したりするパーツに囲まれた状態だ。当然、スピーカーから出た音は、その反射や吸収によって周波数特性が乱れてしまう。その乱れた周波数特性を、イコライザーで補正してなだらかにすることによって、スムーズで聴きやすい音で音楽を楽しめるようになるわけだ。