Bluetoothでワイヤレス音楽再生

マップオンデマンドやプローブコミュニケーション交通情報のような情報通信サービスは、NHDA-W57Gの場合、?Bluetooth?携帯電話を使って行う。つまりNHDA-W57GにはBluetoothのレシーバーを内蔵している。

しかも?AVプロファイル?に対応。これは何かというと、音声とコントロール信号をワイヤレスで飛ばすプロトコルで、Bluetooth対応のデジタル・オーディオ・プレーヤーなどにストックした音楽を煩わしい配線無しに、手軽にクルマのスピーカーで聞くことができる。

05.jpg
ペアリングを行えば簡単にBluetoothオーディオをワイヤレス再生できる
だからBluetooth対応の音楽携帯なら、携帯をポケットやバッグに入れたままでもクルマのスピーカーで音楽が聴けるし、BluetoothトランスミッターをくっつけたiPodなどの音楽も飛ばせる。もちろん、ワイヤレスのハンズフリー通話も可能だ。

カーナビの基本性能も高い

3Dジャイロセンサーの搭載で、自車位置の測位精度も高く、案内がきめ細かいなど、先進機能を搭載しているだけではなく、カーナビとしての基本性能も充実。
07.jpg
リアル交差点拡大図で複雑な交差点をリアルに案内
06.jpg
地下駐車場マップを搭載。GPSを受信できない地下駐車場でも自車位置を正確に表示


キーイルミネーションを512色、メニューなど画面の色をブルー/グリーン/アンバーに切り替えて、インパネとのカラーコーディネートを図れるマルチカラーイルミネーションを始め、インパネにフィットするのも純正ナビならでは。最先端のカーナビに触れたい人から、運転に不慣れだから案内が親切なカーナビが欲しい人まで、多くのユーザーが満足できるモデルがNHDA-W57Gといえる。

【関連リンク】
・toyota.jp
・G-BOOK mX



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。