以前、市販の高性能&多機能ナビについてはお伝えしたが、この時期、自動車メーカー純正の用品(ディーラーオプション)ナビも新型に移行している。そこで今回は、トヨタ用品ナビのハイエンドモデルの高性能ぶりをお伝えしようと思う。

?純正ナビは古い?は古い!?

かつて、純正ナビといえば、市販ナビの1~2年遅れといわれた時代もあった。実際、いまでも輸入車のオーナーなどの中には「純正ナビを使ってはみたものの、使いにくいし機能もたいしたことないので市販ナビに替えたい」という人が多いようだ。

しかし、ことトヨタ純正ナビに関しては、そんな不満は出ないだろう。とくにハイエンドナビのNHDA-W57G(30万4,500円/地デジチューナーセットは38万8,500円)は、最新の市販ナビも採用していない機能を採用。市販と純正を合わせても、最先端の機能と性能を持つナビなのだから。

マップオンデマンドで地図は常に最新

NHDA-W57Gが持つ最先端機能のひとつ目が?マップオンデマンド?だ。これは最新の地図データを携帯電話でダウンロード(ナビ購入後3年間は無料)し、ナビの地図を常に最新に保つことができる機能だ。

001.jpg
6月23日に開通した圏央道の八王子~あきる野区間も7月には地図に載る
ナビを買った瞬間から地図情報が古くなるのは、カーナビの弱点のひとつ。新しい道が開通してもすぐに地図を書き換えるわけにはいかず、年1回(トヨタナビは半年に1回)の更新データの登場を待たなければならなかった。それもディーラーにクルマを預けて数十分待つという具合に、時間と手間がかかっていた。

ところがマップオンデマンドなら、新しい道路が開通したら最速で7日後には新しい地図に書き換えられる。しかも携帯電話でデータをダウンロードできる(CD-Rでの書き換えも可能)から、ディーラーにクルマを持ち込むといった手間も無し。クルマの中でほんの数十秒待てば、開通したばかりの道が地図に表示されるのだ。
002.jpg
06年11月に開通した道央自動車道?長万部~国縫?区間。更新前は破線の道路が
03.jpg
更新後は実線に変わる。更新できる道路は全国の高速&有料道路と自宅周辺80?四方 および目的地周辺10?四方の一般道

最先端の?差分更新?技術を採用

この、素早い地図更新を可能にしたのが?差分更新?という最先端の技術だ。従来のナビは地図を更新するのにHDD内のデータをすべて書き換える必要があった。しかし差分更新なら、部分的な書き換えが可能。地図に変更のない部分は元のデータをそのまま残し、新たに道路が開通したエリアなど、書き換える必要がある部分だけデータを更新できるので、データのダウンロード時間も更新時間も短くて済むわけだ。

ちなみにこの差分更新を採用しているのはトヨタ(ダイハツも同機種を発売)とアルパインのみ。しかし、アルパインは携帯電話でのダウンロードには対応しておらず、年1回のディスクによる地図更新の時間を短縮することに、差分更新を活用している。したがって、差分更新を?地図の鮮度を保つ?ことに活用しているのは、07年6月末時点ではNHDA-W57Gだけだ。

次ページはNHDA-W57Gの渋滞対応力