iPodの動画が見られる1DINレシーバー

iPodの音楽をクルマで楽しむスタイルはずいぶん浸透してきたが、iPodのビデオを楽しむ機器となるとAVナビや一部の2DIN機しかなく、ちょっとハードルが高い。そんなハードルを下げる機器が、ケンウッドのI-K99(42,000円)。1DINサイズのレシーバーとしては、現時点で唯一、iPod/iPhoneの動画が楽しめるモデルだ。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/6/1/3/01.jpg
フロントフェイスの3インチ液晶モニターでiPodの動画が見られる!


フロントフェイスは同社のCD/USBレシーバー、I-K77(31,500円)にそっくりだが、I-K99はCDプレーヤーを持たないメカレス・スタイル。代わりに、フルカラーのTFT液晶ディスプレイを搭載し、ここでiPod/iPhoneの動画が見られる。

MPEG-4/H.264など多彩な動画に対応

ディスプレイのサイズは3インチ。iPod touchやiPhoneの3.5インチに比べれば小さいが、iPod nanoの2.2インチ、iPod classicの2.5インチよりも大きな画面で映像が楽しめる。また映像出力を装備しているので、汎用の映像入力付きモニターやカーTVがあれば、そちらにもiPodのビデオを映し出せる。来年には見られなくなるデジタル放送非対応のカーTVの活用法としてもいいかもしれない。

I-K99で楽しめる動画はiPod/iPhoneのビデオだけではない。USBメモリーに保存したMPEG-4/WMV/H.264の動画も再生できる。だから、動画投稿サイトからダウンロードした動画を楽しむことも可能。試しに、さまざまなファイル形式の動画を保存したUSBメモリーを差し込んでみたら、カタログには対応フォーマットとして記載されていない形式の動画ファイルも見られた。こんなケースがありそうなので、I-K99を手に入れたら様々なファイル形式の動画を試してみるといい。

次ページはI-K99の操作性