音が不満なE90オーナーは注目

BMW3シリーズ(E90)のオーナーで「もう少し音がよくならないかなぁ…」と感じている方はいないだろうか。とくにオプションのHiFiスピーカーシステムは納車が遅れるといわれ、早く乗りたくてノーマルのオーディオを頼んだ方に、その割合は多いようで、知人からも同じ相談を何度か受けた。その度にお薦めしているのが、ボストン・アコースティクスのE90専用サウンドアップグレードキット(54,390円)である。
001.jpg
ボストン・アコースティクスのE90専用サウンドアップグレードキット(54,390円)は3.5インチコアキシャル2ウェイスピーカー・S35、6インチウーファー・S60、ドアスピーカー用バッフル、ウーファー用バッフル、ウーファーカバー、ハイパスコンデンサー、各種取り付けビスのセット

以前、音質向上はスピーカーからという記事で、トレードインスピーカーを紹介しているが、ボストン・アコースティクスのE90専用サウンドアップグレードキットは、BMW3シリーズ(E90)専用のトレードインスピーカーキットだ。トレードインスピーカーとは、純正スピーカーと簡単に入れ替えできるよう設計されたスピーカーのこと。取付けに際して、車両側への加工は不要。オリジナルのインテリアデザインを保ったまま、スピーカーをグレードアップできるので、手軽にカーオーディオシステムのクオリティアップを図りたい方にぴったりのアイテムといえる。

トレードインスピーカー以上のクオリティ

002.jpg
上が純正スピーカー。下がサウンドアップグレードキットの3.5インチコアキシャル2ウェイスピーカー
さて、E90の純正フロントスピーカーだが、ドアの約10センチほどのフルレンジスピーカーと、シートの下にある16センチウーファーで構成(オプションのハイファイスピーカーシステムやロジック7システムを除く)されている。オーディオ的にいうと2ウェイスピーカーシステムである。

003.jpg
サウンドアップグレードキットには純正ウーファーのブラケットと同じ形状のバッフルボードが付属
対してサウンドアップグレードキットは、8センチスピーカーの中央に高域専用のトゥイーターがくっついたコアキシャル2ウェイスピーカーに16センチウーファーをプラスした3ウェイスピーカーシステム。これに、プレートやバッフル板、ビスなど、装着に際して必要なものをすべて付属したのが、サウンドアップグレードキットというわけだ。

次ページは実際の交換作業を解説します。