丸目・空冷ではないがゆえ…

ポルシェ911(996型) 外観

それまでの911は、おおざっぱに言えば先代を改良してリリースしていたようなもの。996は、足回りこそ同じものの、骨格から大きく変えられています。2001年までは3.4Lですが、後期モデルは3.6Lへとアップしています

気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」、という中古車をご紹介しているこの企画。前回は旧々型よりも安い旧型のMベンツEクラスをご紹介しましたが、今回は旧型ポルシェ911をご紹介します。

ポルシェ911といえば、フェラーリと並んで誰もが知っている超人気車。スーパーカーブームど真ん中世代である40代前後の皆さんには、今もなお憧れの一台だと思います。当然中古車も人気は高く、現行モデル(997型)を見てみると中古車の平均価格が1142万円。4年前の2004年に登場した際の新車時価格が997万~1381万円ですから、その人気ぶりがうかがえます。しかし、そんなポルシェ911にも、実は死角があったのです。
空冷最後の911となった993型

空冷最後の911となった993型。空冷フラット6ならではの金属質な排気音がマニアの心を揺さぶります

 
 
それが今回ご紹介する旧型ポルシェ911(996型)。中古車の平均価格は655万円。え?中古車だから古いほうが安いのは当たり前だろうって?では旧々型(993型)も見てみましょう。平均価格は…554.8万円です。確かに996型よりは安いですが、その差は約100万円。いっぽう997型と996型の差は約490万円。996型は997型から遠く離れ、993型の価格にかなり肉薄しているのです。

これは996型に人気がないことと、993型は人気が今なおあるということが影響しています。996型はティアドロップ型と呼ばれるヘッドライトをしています。スーパーカーブームど真ん中世代の方からしてみれば、ポルシェ911といえばやはり丸目ですよね? いっぽう993型は正当派の丸目(ちなみに997型も丸目)であり、なおかつ、空冷エンジンの最後のモデルなのです。この空冷最後というのも、長年ポルシェを愛した方々に支持されるポイントです。

でも、空冷ってそんなに重要ですか? 今はほぼすべての車が水冷ですよ。また「最新のポルシェが最良のポルシェ」という言葉があります。最新のほうがいろいろといいんです。そもそも、そんな言葉があるのはポルシェだけです。
 

最新のポルシェは、やっぱり最良のポルシェだ!

ポルシェ911(996型) 外観後ろ

ポルシェといえば故障が気になって二の足を踏んでいる方もいらっしゃるでしょうが、そこも「最新は最良」。特に水冷になったおかげもあり大きなトラブルはほとんどないようです

平均価格でわずか100万円の差しかない996型と993型。具体的にサンプルを見てみましょう。996型カレラティプトロニックS、358万円。99年式・走行距離5.9万km・車検は2010年6月まで残っています。いっぽうの993型カレラティプトロニックS、356万円。95年式・走行距離5万km・車検残なし。ボディカラーは同じシルバーです。ほぼ同じ値段ですが、年式が4年違い、車検残も異なります。走行距離は996型が約1万km多いだけです。
996型では現代的なインパネデザインに変わっています

993型が、それまでの911同様に丸い計器類が横一列にずらっと並んでいたのに対し、この996型では現代的なインパネデザインに変わっています

 
 
もう一度言いますが「最新のポルシェは最良のポルシェ」です。例えばエンジンは993型の3.6Lから3.4Lと小さくしつつも、最高出力は28psアップの300psへ。これは、一部ファンが忌み嫌う水冷化の恩恵です。SOHCからDOHC化されているのです。また、マニュアル操作も可能なAT・ティプトロニックSも4速から5速へと進化しています。

水冷化とともにメンテナンスフリー化も進められ、信頼性は大きくアップ。乗り心地とハンドリング性能も向上しています。このように最新は最良という言葉に嘘偽りはありません。また、それ以外の伝統、例えばリアエンジン・リアドライブや水平対向6気筒という911の伝統は守られています。

それがこの価格という現状。最も安値の996型は340万円を切っています。ほぼ新車時の3分の1という値段です。憧れのポルシェ、今まさに熟れたおいしい買い時です。

おいしい中古車は、意外とあるものです。あなたも探してみててはいかがでしょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。