丸目・空冷ではないがゆえ…

ポルシェ911(996型) 外観
それまでの911は、おおざっぱに言えば先代を改良してリリースしていたようなもの。996は、足回りこそ同じものの、骨格から大きく変えられています。2001年までは3.4Lですが、後期モデルは3.6Lへとアップしています
気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」、という中古車をご紹介しているこの企画。前回は旧々型よりも安い旧型のMベンツEクラスをご紹介しましたが、今回は旧型ポルシェ911をご紹介します。

ポルシェ911といえば、フェラーリと並んで誰もが知っている超人気車。スーパーカーブームど真ん中世代である40代前後の皆さんには、今もなお憧れの一台だと思います。当然中古車も人気は高く、現行モデル(997型)を見てみると中古車の平均価格が1142万円。4年前の2004年に登場した際の新車時価格が997万~1381万円ですから、その人気ぶりがうかがえます。しかし、そんなポルシェ911にも、実は死角があったのです。

ポルシェ911(993型) 外観
空冷最後の911となった993型。空冷フラット6ならではの金属質な排気音がマニアの心を揺さぶります
それが今回ご紹介する旧型ポルシェ911(996型)。中古車の平均価格は655万円。え?中古車だから古いほうが安いのは当たり前だろうって?では旧々型(993型)も見てみましょう。平均価格は…554.8万円です。確かに996型よりは安いですが、その差は約100万円。いっぽう997型と996型の差は約490万円。996型は997型から遠く離れ、993型の価格にかなり肉薄しているのです。

これは996型に人気がないことと、993型は人気が今なおあるということが影響しています。996型はティアドロップ型と呼ばれるヘッドライトをしています。スーパーカーブームど真ん中世代の方からしてみれば、ポルシェ911といえばやはり丸目ですよね? いっぽう993型は正当派の丸目(ちなみに997型も丸目)であり、なおかつ、空冷エンジンの最後のモデルなのです。この空冷最後というのも、長年ポルシェを愛した方々に支持されるポイントです。

でも、空冷ってそんなに重要ですか? 今はほぼすべての車が水冷ですよ。また「最新のポルシェが最良のポルシェ」という言葉があります。最新のほうがいろいろといいんです。そもそも、そんな言葉があるのはポルシェだけです。

996型がいかにおいしいかを次ページでさらに詳しく見ていきましょう。