脂肪が作られにくい環境作り

ダイエットでは、体に蓄積した脂肪のエネルギーを消費していくことも大切ですが、新たに作らないということも大切です。脂肪が溜まりにくい、つまり、余計なエネルギーを身体に溜めないためのアプローチを3つ紹介します。


吸収調整と溜まらない成分 

腸の中で働いてくれます

主に腸の中で働いてくれます

食事を改善するのが難しい時の最終手段として腸での吸収を調整する健康食品・サプリメントを利用する方法があります。
これらの成分は、腸での消化や吸収を穏やかにしたり、吸収されても脂肪の材料になりにくいなどの性質を持っています。

■サポートしてくれるダイエット食品
・ウーロン茶重合ポリフェノール
カテキンが複数結合した成分。コレステロールの吸収を穏やかにする
・グロビン蛋白分解物
腸内での脂肪消化をブロックし、吸収を抑制する
・ジアシルグリセロール
吸収しても身体の中で脂肪が合成されない油脂
・代替甘味料
砂糖と違い、「吸収されない」または「脂肪の材料にならない」

ただしこれらの成分は、消化や吸収の部分にかかわっているので、成分によっては、摂り過ぎるとお腹が緩くなることがあります。また、100%吸収を抑制するというものではないので、食事改善の工夫(外食時のメニューの選び方など)も一緒に考えてみましょう。