金魚、熱帯魚の引越し

水槽に入ったものは専門業者に任せるのがベスト

水槽に入ったものは専門業者に任せるのがベスト

金魚、熱帯魚など、水の中の生き物はなかなか自力で運べそうもありません。水槽やその他の付属品は一般の引越し業者が輸送をしてくれますが、生き物自体はペット専門業者が行います。

輸送方法は、水槽の水でほぼ満杯(約95%)になったビニール袋の中に、魚を入れて発砲スチロールで運びます。空気(5%)が少ないのでは? と思われるでしょうが、水槽の水には十分な酸素が含まれていますし、空気を少なくすることによって、輸送中に魚が揺れるのを防ぐことができます。また、発砲スチロールには温度を一定に保つといった役割があります。

輸送前の飼い主のケアとしては、出発の3日~4日前までのエサ止めです。これにより、ふん尿を抑制し、魚がアンモニア中毒になることを防ぎます。

【参考】
大阪市内から東京都内の目的先まで、4万円~5万円(空輸)が目安。ほかのペットと比較する1万円~1万5000円ほど高めに設定されています。