ひろ~い幕張メッセで開催


今年で5回目となる「SIS東京スペシャルインポートカーショー」が、5月16日(金)~18日(日)、幕張メッセに会場を移して開催。237 社のブースをはじめ、屋内外を合計して約900 台の車両が一堂に集まり、3 日間で5万7531 名が来場した
過去4回、東京ビッグサイトで催されていた「SIS東京スペシャルインポートカーショー(以下「SIS」)」が、今年は会場をモーターショーやオートサロンと同じ幕張メッセに移動して開催されました。会場内には、全国のメジャーなショップが手がけたデモカーや、最新の注目商品などが多数出展されました。アメ車、欧州車と、そして各種アフターパーツまで、出展されるすべての要素を輸入車に特化した日本唯一のイベントです。

また後日、公式ホームページからの投票で行なわれた「SIS Award of the Year 2008」のグランプリに選出されたのは、エリートスポーツが出展した、日本初公開の「ウィーズマンGT MF4」でした。ちなみに当アワードは、「今年のNo.1はあなたが決める!あなたが1番カッコイイと思ったshow-carに投票しよう!」をコンセプトに、昨年より実施。2回目を迎えた今回は、109台がエントリーしました。詳しくはコチラをご覧ください。

ヴィーズマンGT MF4、ヴィーズマン・ロードスター MF3
メーカーである独「ヴィーズマン」と、ゆくゆく販売を手がける予定の「エリートスポーツ」による共同出展。日本での知名度はまだ低いが、ヴィーズマンは1988年にドイツで誕生した自動車メーカーで、唯一無二のクルマを生み出すことを目指しているという。シャシーおよびボディはオリジナルで、エンジン、トランスミッション、ブレーキなどはBMW製。右の「ヴィーズマンGT MF4」は、最高出力367ps、最大トルク50.0kgmを発揮する4.8L V8エンジンを搭載。ボディサイズは全長4230mm×全幅1850mm×全高1190mmで、車両重量は1240kg。価格2100万円~。左の「ヴィーズマン・ロードスター MF3」は、最高出力343ps、最大トルク37.2kgmを発生する3.2L直6エンジンを搭載。全長3860mm×全幅1750mm×全高1160mmとコンパクト。車両重量は1140kg。価格1850万円~


HKS
日本最大のチューニングメーカーであるHKSでは、インポートカー人気の盛り上がりを受けて、数年前からインポートカーとくにドイツ車の走り系車種のチューニングパーツを積極的に手がけている。BMWやVWゴルフ向けのサスペンション、吸排気系パーツのほか、次世代スーパーチャージャーユニットなどを出展


FUJITSUBO
マフラーの第一人者であるFUJITSUBO(フジツボ)では、「 Zega(ズィーガ)」というインポートカー専門の新しいブランドを立ち上げた。デモカーを1台も置かず、ブースにマフラーだけをズラリと並べていたのが印象的。音質を重視して開発したというそのサウンドは、ブース内に設置されたヘッドホンで聴けるようになっていた。BMW、フォルクスワーゲン、MINI用などをメインに、旧型車も含め充実のラインアップの充実を図っている



次ページで面白グルマをチェック