最新のタスカンマーク2

オートトレーディングルフトジャパンは、2月10日英国大使館で、TVRのタスカンマーク2、サガリスと、ノーブルのM400の新車発表会を行った。

TVRの発表会は、英国大使館で行われた。

挨拶をするオートトレーディングルフトジャパンの、南原竜樹代表取締役社長。

エグいっ!ほどの個性的なスタイリングのTVRのニューモデル、タスカンマーク2。エンジンの入っているフード、タイヤとサスの入るフェンダー部が盛り上がり、それ以外は凹む。オーガニックにうねるフードは、実はパワーと機能を視覚化している。

ダイナミックで流麗な、生き物のようなボディライン。

トランクも、フードに呼応するようにうねる、オーガニックなライン。

4235×1810×1200mm(全長×全幅×全高)の小柄ながら迫力のボディ。4L直列6気筒365bhpのエンジンは、1100Kgと軽量のタスカンを、96km/hまで4秒!で加速する。最高速度256km/h以上。

フェンダーとドアの間のスリット。切り欠くことによって、よりボディの丸みが強調される。

ドアハンドルのないタスカンマーク2は、ドアミラー下に隠れたボタンでドアを開ける。見ても、触れても感じる非日常感。

次のページでは、タスカンマーク2のインテリアをご紹介します。