洗浄効果も期待できるが、ムラにならないよう注意が必要

バリアスコート
ボディに直接スプレーすることもできるが、ウェスなどにとって作業した方が良さそうだ
前回の記事でも取り上げたワコーズ『バリアスコート』とヴィプロス『クリーンイノベーター』ですが、今回は実際にこの2アイテムを使用し、その使い勝手などを紹介したいと思います。まずはバリアスコートから試してみました。

バリアスコートは、この手のコーティング剤としては珍しく高圧ガスが封入されたエアゾールタイプです。まぁ、使用上は特に問題はないのですが、石油系溶剤特有の匂いが少し鼻につきます。

使い方としては、ボディに直接吹き付けてもいいし、ウェスに付けてからボディに塗り伸ばしてもいいようです。ボディは濡れた状態でも作業できるため、洗車後の拭き上げと同時にコーティングできるのが便利です。

汚れ落とし
ウェスについた汚れからも分かるように、特にメッキモールの汚れがきれいに落ちた
溶剤は少し粘度のある感じで(といってもネバネバするというようなものではありませんが)、やや塗り伸ばしにくいかな、と感じられました。また、塗り伸ばす作業もかなり手早く行う必要があるイメージで、広いスペースを一気に塗るよりも、細かくパートに分けて仕上げていった方が良さそうです。


炎天下での作業やボディが熱い状態では、特にコーティングにムラができやすいので注意する必要があります。そのため、ボディ全体を作業するようなときには、直接ボディにスプレーするよりは、なるべくウェスに適量を吹きかけ、ボディに塗り伸ばすように作業した方がきれいに仕上げることができると感じられました。

撥水性
コーティング後のボディ表面は、水を弾く撥水性となる
また、塗り伸ばしたウェスの表面にかなり汚れが付着したことからも、洗浄力もそれなりに期待できるようです。特にメッキのウィンドウモールは、かなりきれいになりました。ただし、ボディの水アカなどにはそれほど効果はないようですので、あくまでも下地処理は別でしっかりとやる必要があります。

コーティング後の仕上がりは、ボディの状態などによっても変わってくると思いますので、あくまで主観的な意見となりますが、もう少し手間のかかるガラスコーティング剤と比べるとやや光沢感は薄いような気はしますが、作業性を考えれば十分に納得できるものだと感じました。また、コーティング後の表面は撥水性となります。

次のページでは、クリーンイノベーターを試します