状況に応じて自動的にハイビームに切り替えるオートマチックハイビーム

 LSヘッドライト
日本車初のLEDヘッドライトを採用したレクサスLSが、次なる安全装備として採用したのがオートマチックハイビームだ
レクサスのフラッグシップ・セダン、LSが先日のマイナー変更の際に日本で初めて採用したのが、ヘッドライトのハイビーム/ロービームを状況に応じて自動で切り替えるオートマチックハイビームというシステムです。実はこの自動切り替え式のハイビームは、ヨーロッパではすでに実用化されており、高級車を中心に実際に市販車にも採用されていますが、日本でもようやく導入が開始されました。

日本では、山道などよほど郊外でないと活用の機会が少ないハイビームですが、ヘッドライトの機能からいうと実はハイビームを点けた状態というのが、その本来の性能を発揮できる状態なのです。ロービームはあくまでも対向車や歩行者などがいるときに眩しくないよう、ヘッドライトの性能を低下させた状態と考えられます。

そのため、道路交通法でもハイビームを「走行用前照灯」、ロービームを「すれ違い用前照灯」と定義しています。もちろん、そうしたタテマエはあるとしても、現実的に市街地ではハイビームで走行する機会はほとんどないのが実情ですが、ハイビームの使用を敬遠するあまり、本当に必要な状況でもハイビームを使わない人がいるという話も聞かれるだけに、そのあたりはちょっと問題かと思います。

 レクサスLS
10月に行われたマイナー変更によって、LS全車にオートマチックハイビームが採用された
実際、基準では、ハイビームが100m先まで照らすことができるのに対し、ロービームでは40mまでしか照らすことができません。そのため、夜間の走行時に歩行者や障害物など、前方の危険をいち早く確認するためには、ハイビームが有効なのは間違いありません。地域によっては警察でも、必要なときにはハイビームを積極的に使用するように指導を行っているといいます。

ただし、ハイビームを常用するとなると、ハイビームを戻し忘れたり、ステアリング操作をしながらHi/Lo切り替え作業を行うのは操作的にも厳しいという問題も出てくるでしょう。そんなときに有効になるのが、このオートマチックハイビームというわけです。レクサスLSでは、対向車や先行車の有無はもちろん、周囲の明るさなども認識してヘッドライトを最適にコントロールし、必要なときには積極的にハイビームを用いることで、夜間走行の安全性を高めているのです。

次ページでは、東京モーターショーで小糸製作所が展示していた次世代のヘッドライトを紹介します。