理想はレーシングシューズ!?

 レーシングシューズ
サーキット走行専用に設計されたレーシングシューズは、徹底して運転のしやすさにこだわった最高のドライブ用シューズといえる
快適なドライブを行うために、クルマのコンディション同様に気をつかっていただいきたいのが、シューズ選びです。まさか長距離のドライブにサンダルやハイヒールという人はいないと思いますが、アクセルやブレーキ(MT車ではクラッチも)といったペダルを確実に操作するには、より運転のしやすいシューズを選ぶといいでしょう。

では、運転のしやすいシューズとはどのようなものでしょうか? その答えは、まさに正確なペダルワークが行えることを第一に考えて設計されたレーシングシューズに見ることができます。

ソール
レーシングシューズのソールは非常に薄い上に、滑りにくく耐油性に優れた素材を使用している
レーシングシューズの最大の特徴は、ソール、すなわち靴裏にあります。レーシングシューズのソールは、非常に薄く、硬めの作りになっています。これはペダルを踏む感覚をダイレクトに足裏に伝えるための設計で、より繊細なペダルワークを行えるよう考えられたものです。


もちろんソールが硬いといっても、足裏全体が平板のように硬いわけではなく、指の付け根あたりから前の部分は、曲がりやすくなっているので、指先でソフトにペダルをコントロールするような操作にも対応します。ただ、ソール自体のクッション性は低いため、長距離を歩いたりするのには向かないようです。

かかと部分
ソールがかかとの上まで包み込むように巻き上がった形状も、大きな特徴といえる
また、ソールはかかとの上の方までを包み込むように巻き上がっており、踵を支点にしてペダルを踏み込む際にも、滑りにくく足首を動かしやすい形状となっています。その他、一つひとつのペダルを正確に踏み分けられるよう、全体的に細身のデザインとなっている点もレーシングシューズの特徴です。

このように運転のしやすさを徹底的に追求したシューズの理想形がレーシングシューズといえますが、さすがに一般道でのドライブに本格的なレーシングシューズを用意するのは、ちょっと敷居が高いかと思います。そこで次ページでは、こうした特徴を参考にドライブに最適なシューズ選びを考えてみたいと思います。