FMトランスミッターを内蔵し、配線不要で簡単に音楽が聴ける!

 使用イメージ
ラジオの付いたデッキなら、FMの電波に乗せて簡単に音楽を再生できるFMトランスミッター内臓のオーディオプレーヤーは、本当に便利なアイテムだ
最近は、iPodなどのオーディオプレーヤーを使って車内でも音楽を楽しんでいるユーザーが増えています。ただ、こうしたオーディオプレーヤーをクルマのオーディオで視聴するためには、外部入力端子を備えたデッキを装着するか、別売のFMトランスミッターを使ってデータを転送する必要がありました。

デッキを交換するには、もちろん相応のコストが掛かりますし、最近のクルマではインパネに特殊なデザインを採用することが増えており、気軽にデッキを交換することが難しくなっています。また、社外のデッキでは純正のインパネとのデザイン的なマッチングを取ることが難しく、オリジナルのインパネデザインを崩したくない、というユーザーにとってはなかなか選択肢がないというのが実情でしょう。

Kana GT-R
GREEN HOUSE
Kana GT-R
価格/オープン
問/グリーンハウス
市販のFMトランスミッターを使う場合にも、シガーソケットから電源を取るタイプが多く、やはりインパネまわりがごちゃごちゃしてしまいがちなのが難点です。そこで、おススメしたいのが、オーディオプレーヤーとFMトランスミッターを一体にした複合型のデジタル・オーディオプレーヤー『Kana GT-R』です。

これはUSBメモリーなど、パソコン用のアクセサリーでお馴染みのメーカー、GREEN HOUSEがリリースしている商品で、まさに上記のような悩みを持っているユーザーには打ってつけのアイテムです。製品の大きさは、携帯電話の半分ほどと非常にコンパクトなサイズで、インパネまわりに置いても特に気になることもありません。カラーリングは、ブラック/シルバー/レッドの3色があり、デザインは非常にシンプルです。

本体には、USBポートが内蔵されており、パソコンと直接接続して一般的なオーディオプレーヤーと同様にMP3やWMA形式に変換された音楽ファイルを取り込み、再生することができます。メモリーの容量は2GBもありますから、CDでいえば30枚分くらいのデータは軽く入る計算です。その他にも、通常のUSBメモリーと同様に、リムーバブルディスクとして画像やファイルの記録メディアとしても使えるほか、ボイスレコーダー機能も備えているので、ビジネスなどでも活用できます。

次ページでは、実際の使用レポートをお届けします