アイススクレーパー

ウィンドーの凍結
いざ出掛けようとしたら、ウィンドーが凍結して真っ白という経験は雪国でなくともあるのでは?
雪道を頻繁に走行する方や朝ウィンドー表面が凍結するくらいに寒い地域にお住まいの方でしたら、言われなくとも当り前の装備ですが、持っていないと意外と困るのが、ウィンドー表面の氷をかき落とすための樹脂製のヘラです。なくても他の物でいくらでも代用ができそうですが、それほど高価でもかさばるものでもありませんから、ぜひひとつ車内に常備しておくことをお勧めします。

ウィンドーの凍結を溶かす方法としては、次に紹介する解氷スプレーやお湯をかけるといった方法もありますが、ガッチリと凍りつてしまった場合には、手間は掛かりますが、ガリガリとスクレーパーで削り落す方法が確実です。その際、ヒーターをデフロスターに設定して、フロントウィンドーを温めるとより効果的です。

解氷スプレー・鍵穴凍結防止スプレー

量販店などで販売されている解氷剤のスプレーや鍵穴の凍結防止スプレーなども、あれば役に立ちます。これらは、エチレングリコールなどのアルコール分を含んでおり、その作用によって水の氷点を下げることで、氷を解かすというものです。解氷スプレーは、前述のようなウィンドーの凍結を一気に溶かすことも可能で、製品によっては鍵穴凍結防止スプレーとしても使えるものもあります。

鍵穴凍結防止スプレーは、そのものズバリの効果を狙ったアイテムです。寒冷地で長時間駐車するときは、あらかじめ鍵穴の中にスプレーしておくと、鍵穴の凍結が防止できます。また、鍵穴が凍結してしまった時にも、溶かす作用があります。ただ、車内にしまっておいたのでは、スプレーを使うことができないのが難点ですが。

さて、こうした解氷スプレーを使うときのポイントとしては、フロントウィンドーなどに使った場合、できれば溶けた後にすぐ乾いたウエスなどで、ウィンドーの水分を拭き取ることです。解氷スプレーでいったん溶けた氷も、極寒の状況ではすぐにまた凍結してしまうからです。最近の解氷スプレーでは、再凍結を防ぐ成分が入っているものもあるようですが、水分を取り除くことでより確実に凍結を防げるはずです。

ところで、ウィンドーの凍結を溶かすため、お湯をかけるという方法もありますが、あまりおススメはできません。なぜなら、冷え切ったウィンドーにいきなり熱湯をかけると、ウィンドーが割れる危険性があるからです。もちろん、必ず割れるということはありませんが、そんなリスクを冒してまでやるのなら、素直に解氷スプレーを使った方が正解だと思います。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。