都会系SUVの真打ち

フロントビュー
ティグアンの全長4460×全幅1810×全高1690mmは、ヴァンガードの全長4570×全幅1815×全高1690mmよりも若干小さい。グレードはトラック&フィールドのみで、直列4気筒2.0LのTSIエンジンを搭載。価格は360万円で、ライバルのBMW X3やランドローバーのフリーランダー2よりも安価な戦略的な設定だ
ドイツをはじめとしたヨーロッパで、デビューから瞬く間に売れ筋SUVへと登り詰めたティグアンがついに日本にも上陸を果たした。

ティグアンには、「スポーツ&スタイル」と呼ぶ都会派向け仕様もあるが、まず日本に導入されたのは「トラック&フィールド」。トラックやフィールドとはいっても、都市型SUVであることは間違いない。しかし、イザというときには高い機動力を十分発揮してくれるというモデルで、スキーやキャンプなどの使い方ではなんら不足はない。

印象はゴルフプラス的SUV

インテリア
SUVといっても泥臭さはない。いまでは残念ながらカタログから落ちたゴルフプラスに似たインパネ。とくにエアコンの吹き出し口やオーディオまわりのデザイン、レイアウトが似ている。これら機能の使い勝手は良好だが、ナビゲーションがオプション扱いなのは少々残念
SUVらしい高めのドライビングポジションから、前後・左右を眺めると、トゥアレグのような大柄なクルマに乗っている感覚は当然ながら希薄で、大きなSUVを運転するというプレッシャーは少ない。しかし、Aピラーの位置や太さが運転席からの視界をやや妨げている印象もあり、ミドルサイズSUVとしては平均的な取り回し感覚といえるだろう。BMWのX3よりも取り回しはしやすいが、ランドローバーのフリーランダー2ほどの気軽さではない。

次ページは走りについて