新型タントは弱点なし

タント・カスタム 走り
エアロパーツや強面のフロントマスクで男っぽさを演出したタント・カスタム。ターボエンジンを搭載したRSグレードも用意。タント・カスタムは126万~173万7750円

続いてターボエンジン搭載の「カスタムRS」を試す。一段と余裕あるエンジンパワーになるため、1.3リッター級の普通車と同じくらいの動力性能となる反面、価格的な「面白さ」は無し。自分で買うなら迷うことなくターボ無しを選ぶ。

広さを売りにするクルマとあって、室内も入念にチェックしてみた。驚くのが後席の広さ。リアシートを一番後ろにスライドすると、レクサスLSのロングボディよりも広いくらい。

タント・カスタム リア
ボディサイズはノーマルのタントと同じ。使い勝手のいい室内空間も同様

助手席側がセンターピラーレスとなるスライドア(右側は通常のドア)の使い勝手も上々。開口部の広さだけでなく、助手席の背もたれを前に倒してテーブルのような形状に出来る機能も装備されるなど、チャイルドシートが必要な年齢の子供がいる家庭にピッタリだと思う。

以上、新型タントは弱点無し。お買い物クルマとして使うならベースグレードとなる「L」のABS付き(108万1500円、ABSは3万1500円のオプション)を。ファーストカーとしてなら、値は張るがターボ付きの「カスタムRS」を推奨しておく。

【問い合わせ先】
タント公式サイト
タント・カスタム公式サイト
ダイハツお客様相談室 TEL0070-800-874040

撮影:篠原晃一・カーセンサー

【関連ガイド記事】
ミニバン・SUV『ダイハツ・タントはミニ・ミニバンだ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。