エッセは魅力的な日本のベーシックカーになれるだろう

ダイハツがかつてないほどキツイ一撃をスズキにブツけてきた! 新しい軽自動車『エッセ』の価格を見て、本当に驚きました! 信じられないくらい安いのだ。例えば『D』というグレード、4バルブツインカムの新世代EOCエンジンを搭載。エアコンからパワーウインドゥ、CDステレオ、運転席&助手席エアバッグ、ホイールキャップなど必要な装備が全て標準で税込み75万6千円(3速AT。さすがにABSはオプション)。

ライバルであるスズキ・アルトの同等グレードは、CDステレオ無くて84万円。実質的に10万円くらい安い! 最廉価グレード同士を比べても、エッセはパワーウインドゥやホイールキャップなど装備面で優勢に立つ。

自動車に対する関心の薄さを反映してか、最近リーズナブルな価格を前面に打ち出したモデルが人気上昇中。軽自動車も例外じゃない。もちろん依然ベストセラーはワゴンRやムーブといった高い付加価値を持つモデルながら、リーズナブルなアルトの売れ行きもジワジワ伸び始めているのだ。確かに近所の足として使うのであれば広い室内空間など不要。

かといって安いからと中古車で買うのは心配。リーズナブルなモデルの新車なら、何の心配もしなくていいということなんだろう。ちなみにアルトの場合、同じエンジンを搭載するワゴンRより20万円近く安く買える。せいぜい二人で乗るくらいなら、アルトで十分じゃなかろうか。

ダイハツにも『ミラ』というアルトの対抗馬があるものの、現行モデルから”少しだけリッチ路線”を選択している。これ、悪くない選択だと思う。「それじゃ全く新しい車種を作ってやればいい」になったに違いない。かくして「打倒アルト!」を開発テーマとしたエッセの登場であります。ということでエッセの凄さは徹底的なコストダウン。

『D』というグレードの価格、本当に安い。7年乗るつもりなら、1ヶ月当たりの出費が1万円弱で済む。1日300円でクルマを持てるワケ。これにガソリン代を加えても(15km走って120円前後)、バス代などよりずっとリーズナブル。文字通り生活のための道具というイメージか。

エッセの凄さは、安かろう悪かろうじゃない点にある。トップクラスの衝突安全性をキープしたボディに、最新の☆4つクリーンエンジンを搭載しているのだ。排気ガスをクリーンにしようとすれば高性能触媒が必要。ダイハツは安価な材料を使いながら優れた性能持つ触媒の開発に成功したため、リースナブルでいながら環境にやさしいクルマを開発出来ということ。

少し御予算に余裕あるなら、オートエアコンから電動可倒式ドアミラー、UVカットのスモークガラス付きの最上級グレード『X』に3万1500円のABSを付けて95万5500円。試乗してハンドリングなども悪くなければ、魅力的な日本のベーシックカーになると思う。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。