期待すればガッカリな衝突事故防止システム

ダイハツ・ムーヴ

ダイハツ・ムーヴ

大きなマイナーチェンジを行ったムーヴに試乗した。今回の注目点は二つ。燃費を大きく改善させてきたことと、軽自動車で初めて自動停止機能付きの衝突事故防止システムを搭載したこと。しかもベースとなる車両価格を引き下げたため、大きな負担無しに低燃費と安全の両立が可能となった。

 
衝突事故防止システムのセンサーは、赤外線レーザー

衝突事故防止システムのセンサーは、赤外線レーザー

まず話題の衝突事故防止システムから。結論から書くと「期待すればガッカリするが、補助的な装置だと割り切れば納得出来る」という感じ。なぜか? 機能的に物足りないからだ。例えば速度。センサーとして「赤外線レーザー」を使うムーヴのシステムは、30km/hまでしか機能しない。

つまり30km/hを1km/hでも超えたら機能停止となり「付いていない」のと同じになる。アイサイトやボルボのシステムのように「30km/hまでなら停止し、それ以上でもフルブレーキ掛けて速度を落とす」という制御はしていない。30km/h以上になると諦めちゃうのだった。

追突せずに停車できる速度は20km/h

追突せずに停車できる速度は20km/h

ちなみにムーヴだけでなく、赤外線センサーを使う簡易タイプの追突事故防止システムは基本的に30km/hまで。それ以上の速度になると、20m程度と言われる赤外線センサーの測距能力じゃ追いつかないのである。もちろん歩行者や自転車、バイクなども反応しないケース大。

ムーヴについていえば、追突せずに停車できる速度も20km/hと低い。21~30km/hだと追突する可能性が大きくなっていくそうな。ということで、大きな期待はしちゃダメ。ただ30km/h以下で追突したケース、私も1回ながらあります。あの時の事故についちゃ防げたと思う。

ムーヴの強み。そしてライバル

ダイハツ・ムーヴundefinedリア

ダイハツ・ムーヴ リア

むしろムーヴの魅力は燃費の良さと価格かもしれない。ダイハツによれば「部品の構造など簡易化することにより機能を落とさずコストダウンしました」。さらにエンジン制御やCVTの効率アップも行い、JC08モードで29km/Lというクラストップの燃費を実現している。

燃費改善幅は2km/Lと7%ほど。実燃費なら1km/L少々の差という感じ。これだけ違えば毎日使っている人なら実感出来ると思う。大幅な性能向上と評価していいだろう。なのに5万円も値下げしたのだから素晴らしい。スズキ・ワゴンRと比べたら、決定的なアドバンテージになる。

ただ魅力的なスタイルを持つホンダN-ONEと比較したら迷う。N-ONEは横滑り防止装置付きで115万円。ムーヴだと113万円でわずか2万円差。追突事故防止装置を高く評価するか、おまけの機能だと思うかで違ってくる程度。ここは人によって判断基準が違うだろう。

そうそう。スバル向けOEMの「ステラ」も、多少の価格差があるだけで内容はムーヴと全く同じ。発売前に「ステラはアイサイトと同じく30km/hから停止可能になる」という情報も流れていたが、スバル側からそういったリクエストを受けておらず、結果同じ性能になっているそうな。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。