ただし、何でもかんでも洗ってしまわないで。洗ってはいけない(水に浸けてはいけない)宝石もいくつかあるのです。たとえばターコイズは、表面に目に見えない孔がたくさん空いていますので、そこに液体がしみこむとシミになる可能性があります。

珊瑚、真珠、象牙、琥珀(こはく)、鼈甲(べっこう)などの有機質の宝石、ラピスラズリ、マラカイト、エメラルドも洗ってはいけません。オパール、ムーンストーンなどの弱い石も洗浄は避けるべきです。夏といえば海やプールといった水辺のリゾートに行く機会も増えますが、こんなときもしっかり気をつけておきましょう。

さて次に、どのくらいの頻度で洗えばいいか、ですが、だいたい20回くらい着けたら洗うのが一つの目安でしょうか。ダイヤモンド、ルビー、サファイア、アレキサンドライトなどの硬くて強い宝石、石の入っていないゴールドやプラチナ類は、もっと頻繁にじゃぶじゃぶ洗ってもOKです。

ケア方法がわからない宝石の場合は、お近くのジュエリーショップに訊ねてみてください。ジュエリー専用の洗浄液を販売しているショップも少なくありません。当サイトのリンク集「お手入れ・収納方法」もお役に立つはず。手軽なケア方法をしっかり学んで、夏のジュエリーの輝きを存分に楽しみましょう!

便利なミニガラスボウル。
最後に水洗いするのを忘れずに。
水滴はキッチンペーパーで
そっとぬぐい取ります。
じゃらじゃらと一度に数個入れると
キズがつく原因になるので、
なるべく単品で洗うこと。

洗ってはいけない宝石は、
ターコイズ、珊瑚、真珠、象牙、
琥珀、鼈甲、マラカイト、
ラピスラズリ、エメラルド、
オパール、ムーンストーンなど。
これらはそっと拭くだけにして。
(画像のジュエリーはすべて参考商品)

リンク集「お手入れ・収納方法」を見る ≫
トップページに戻る ≫

(Page : 1 2)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。