続けてご紹介するのは、イタリアからやってきた《ゾッカイ》。イタリアのレジ社のハウスブランドで、これまでは表参道にブティックがありましたが、12月4日、銀座6丁目西五番街に移転してきました。2002年はヴェネツィアの新空港にもブティックが完成し、銀座店のイメージにも、ヴェネツィアの雰囲気をさりげなく取り入れています。

このブランドの得意とするのは、カラーストーンをあしらったカジュアルなジュエリーですが、特に注目したいのは、バーゼル2002で発表されたウォッチ「ゾッカイ オロロジ」。ラージサイズが流行中のイタリアらしく、このコレクションも大ぶりでカラフル。スイスの時計メーカーにはそうそうない、ラテンのノリのおしゃれ感が、何よりの魅力となっています。

 

写真をクリックすると、より大きな画像が見られます。

 

■お問い合わせは、ゾッカイ 銀座店
電話03-5537-5308 東京都中央区銀座6-7-12
WEBサイトは、www.zoccai.com

 

この他、11月22日には1丁目の田中貴金属ジュエリーが《GINZA TANAKA》として大幅にリニューアルし、7丁目には12月4日に、エナメルアクセサリーで知られるウィーンの《エム・エフ ヴィレ》もオープンしています。

出店ラッシュが続く銀座ですが、まもなくお待ちかねの《カルティエ》が中央通りに移転。モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン・グループとデビアスによる新ブランド《デビアス》も、今年中に銀座に進出するという情報があります。ファッションブランドは青山に、そしてジュエラーは銀座に……という棲み分けが、いよいよはっきりとした形で現れてきた2003年です。

続けて、関連コラム・記事
「銀座ジュエリークルーズ vol.1」を読む ≫
トップページに戻る ≫

(Page : 1 2)