トリノのランドマーク、リンゴット

トリノは自動車産業の都市
トリノは自動車産業の都市。ピニンファリーナ、ジウジアーロといった、イタリアを代表するデザイナーを輩出しています。

トリノには、フィアットやランチアといったイタリアを代表する自動車メーカーがあります。ランチアは、日本での正規代理店がないので、実車を見る機会はなかなかありませんが、カラーデザインの美しさで定評のあるメーカーです。

そして、トリノオリンピックのメディアセンターとなるのが、リンゴット。

リンゴットは、イタリア最大の自動車メーカー、フィアットの工場として、1910年代に建造されました。螺旋スロープを備えた5階建ての工場では、下階から上階に向かって自動車を組み立てていき、最後は屋上にある約1?のサーキットコースでテストを行っていましたが、1980年代に、工場としての役割を終え、現在はショッピング・センター、ホテル(Hotel Le Meridien Lingotto)、コンサートホール、美術館などからなる巨大な複合施設に生まれ変わっています。

その再開発の設計を担当したのが、イタリアを代表する建築家、レンゾ・ピアノ。日本では、関西国際空港や、メゾンエルメス(エルメス銀座店)などを手がけています。

この他にも、ジウジアーロ磯崎新などが、競技施設などの設計に関わり、工業都市トリノならではのデザインが展開されているようです。

【関連記事】
ランチア イプシロンのステイタスの秘密とは? (ステイタスカー)
Catch the News! 新型フィアット プント発表会 (コンパクトカー)
世界中のイカした腕時計を愛する集団 マクロロン (メンズファッション)

 

Un vino rosso, per favore.

ワインの王様 バローロ
ワインの王様バローロ。深みのあるガーネット色が特徴です。

さて、硬質な色が続いたので、少し趣きを変えてみましょう。

トリノが属するピエモンテ州は、ワインの王様、バローロの産地です。ワインは味だけでなく、色や香りも愛でるもの。バローロは、深みのあるガーネット色、スミレのような香りが特徴です。

お気に入りの選手が活躍したら、バローロで祝杯をあげるのもいいですね。

さて、次回の記事は、アスリートたちのユニフォームによく見られる色「ストロングトーン~アクティブな色」を、ご紹介します。お楽しみに!

【関連記事】
冬季5輪トリノ・ピエモンテ州へ! ワインの王様バローロをめぐる旅 (イタリア)
ミケーレ・キャルロ:きらびやかなバローロの世界 (ワイン)


【関連記事】

色の基本を身につけよう!色の三属性とイメージ
色の基本を身につけよう!ストロングトーン~パワフルな色
あなたは何色派?クルマのインテリアカラーを極めよう!
知らないと大失敗!の色選び バカンス先での色選びのコツ

【関連リンク】

おすすめINDEX カラーコーディネートの基礎知識

※記事の更新やカラーコーディネートの情報を満載したコラムをメルマガにてお知らせします。
ご登録はこちらからどうぞ。



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。