ファッションのグッチ、プラダ、アルマーニ…、インテリア家具のドリアデ、フロス、アルテミデ…、インテリア雑貨のアレッシー、ダネーゼ…、イタリアのデザインは日本でも高い人気を誇っていますが、ミラノやフィレンツェなどに拠点を置くブランドが多いのが特徴です。

2月10日から17日間にわたって開催される冬季オリンピックの開催地、トリノは北イタリアの工業都市。特に女性にはあまり馴染みがないかもしれませんが、イタリアを代表するデザインを世に送り出してきた都市です。

そこで、今回はトリノオリンピックに関連したデザインをご紹介します!


CONTENTS
Page1:ピニンファリーナの聖火トーチ
Page2:トリノのランドマーク、リンゴット
Page2:Un vino rosso, per favore.

ピニンファリーナの聖火トーチ

極軟水ローレーターナ ピニンファリーナデザインボトル
極軟水ローレターナ ピニンファリーナデザインボトル。洗練されたデザインが魅力です。日本での取り扱い先は、リードオフジャパン株式会社です。

オリンピックといえば、聖火リレー。その聖火トーチのデザインを担当したのは、ピニンファリーナ社です。ピニンファリーナは、イタリアを代表するデザイン会社のひとつ。松明をイメージしたアルミニウム製のトーチは、シリアルナンバー入りで1万2千本用意されるそうです。開会式は華やかな演出に目を奪われがちですが、トーチのデザインにも注目したいですね。

さて、ピニンファリーナといえば、フェラーリを筆頭に自動車のデザインがよく知られていますが、もっと身近なピニンファリーナデザインはないかしら?と探したら…ありました!ヨーロッパで最も軽い水、極軟水ローレターナ(LAURETANA)のピニンファリーナデザインボトル。洗練されたデザインは、ピニンファリーナならではですね。

中身は、イタリアンアルプスにあるモンテ・ローザの氷河が溶け出した水をボトリングした氷河水です。塩分が非常に少なく、ミネラル分が抑えてあるので、運動中にお薦めの水としてFIF(イタリアフィットネス協会)が推薦しています。

【関連記事】
トリノ大会組織委員会、聖火リレーとトーチを発表 (JOC日本オリンピック委員会)
「2005東京モーターショー」写真レビュー マセラッティ (ステイタスカー)
プジョーの革新 1007 Debut! (プジョーブランドサイト)

 

次のページでは、トリノのランドマーク、リンゴットの歴史をご紹介します!