マクロロン展Vol.2に行ってきました!


ギャラリー内の風景
6/14~19まで、表参道のギャラリーESで開催された『マクロロン展Vol.2』。18日はちょうどパーティーで混んでました。
マクロロン展Vol.2』の開催期間は6/14~6/19までで、残念ながらもう終ってます。事後報告というやつですね。

世界中のイカした腕時計を根こそぎ集め、探究し続けているマクロロンという集団が存在していて、この『マクロロン展Vol.2』も活動の一部というわけ。

今回は10人のデザイナーを選出して、腕時計を展示し、そのプロダクトを紹介している。


ピエール・カルダン
名前は誰でも知ってるピエール・カルダン。こんな素敵な時計を手掛けていたとは! 1970年代に「ピ~エル・カルダン」と呼んでいたのはボクだけでしょうか。
けっこう有名なデザイナーばかりだから知ってる人も多いと思う。

ジョルジェット・ジウジアーロ、エットーレ・ソットサス、F・A・ポルシェ、ピエール・カルダン、ディーター・ラムス、クリスチャン・ディオール、山中俊治、ロジェ・タロン、バーナー・パントン、ヤコブ・イェンセン。

まあ、名前は知ってても、彼らのデザインした腕時計を見れる機会はそんなにないので、とても貴重な時間でした。


次のページは、「マクロロンとは」です