大人ならではの上質ジュエリー


デザイナー三林 暁さん
デザイナーはD&A New Yorkにも出展経験があり、日本国内だけでなく海外でも活躍している三林 暁さん。
これまで訪れた町の色彩や歴史、そしてそこに住む人々をイメージしながら、宝石にまつわる神話や伝統をも吹き込み、身につける人自身の魅力を引き立たせるようなアクセサリーやジュエリーを制作しているジュエリーブランド「mikia(ミキア)」。

一日の生活の中での様々なシチュエーションに応じて、服を着替えるのと同じ様にアクセサリーも変えておしゃれを楽しんでほしい…こんなデザイナーの願いがアクセサリー、ジュエリーには込められています。

では、早速大人の女性ならではの贅沢を「mikia」のジュエリーで思いっ切り堪能して。

【CONTENTS】
Page1:普段使いしたい上質ジュエリー
Page2:聖なる夜に上品ジュエリー 

普段使いしたい上質ジュエリー


 mikia
リガードネックレス k18/r.e.g.a.r.d 76,650(税込)/mikia(ミキア)
胸元を華やかに、個性的に彩ってくれるネックレス。ルビー、エメラルド、ガーネット、アメジスト、ルビー、ダイヤモンド、それぞれの石の頭文字をとって敬愛(regard)の意味を表しています。(r…ruby e…emerald g…garnet a…amethyst r…ruby d…diamond)。

19世紀初頭、宝石を並べてその頭文字で単語を綴り、特別な意味を伝えるという言葉遊びがフランスで生まれました。最も多く用いられたのがこの”リガード”。他にもジョージアンからヴィクトリアン(19世紀初頭から中頃)にかけて、愛を綴ったジュエリーを贈る事が流行しました。

 mikia
リガードリング k18/r.e.g.a.r.d 60,900(税込)/mikia(ミキア)
上記のネックレスと同様に、ルビー、エメラルド、ガーネット、アメジスト、ルビー、ダイヤモンド、それぞれの石の頭文字をとって敬愛の意味を表しています。敬愛の意味が込められたリングをしていれば、幸せがやって来そう!

 mikia
フープピアス k14/sky grey topaz 69,300(税込)/mikia(ミキア)
直径4.5cmの大振りなピアス。珍しいスカイグレイトパーズが1粒づつ付いています。ドロップには細かいカットが施されており、大人の女性の耳元をモダンに彩ってくれます。


次のページでは、聖なる夜にふさわしい可憐なジュエリーが登場します!