温暖な気候が嬉しい台湾中西部

台中市にある茶芸館、無為草堂で午後のティータイムを過ごしたい

台中市にある茶芸館、無為草堂で午後のティータイムを過ごしたい

台湾中西部は台湾第3の都市と言われる台中市を代表として、台中県、苗栗県、彰化県、雲林県、嘉義県、南投県があります。

台中
年間を通して温暖な気候で、雨も少なく、緑も多いことから「最合居位的城市(最も住みやすい都市)」という評価を受けている台中。 MRT(地下鉄)がないのでバスやタクシーでの移動がメインですが、台中には池の周りを回廊が廻る素敵な茶芸館があり、美味しいお茶とお菓子を食べつつ、ゆるく過ごしたい午後には最高。また、親元を離れて学校に通う学生が多い台中では、夜市も若者のパワーが溢れています。

台中を経由して、ハネムーンにも使われるロマンティックな湖の日月潭や、煉瓦の曲がりくねった道がノスタルジーを誘う鹿港へ向かうルートもおすすめ。

【台中までのアクセス】
台北から高鐵(台湾新幹線)か台鐵(台湾鉄道)の自強號(特急)で台中駅下車、または台中行き長距離バスで。

>>>さらに詳しい台中旅行情報は台中記事

阿里山
赤い塗装が素敵な阿里山森林鉄道undefined写真提供:中華民国観光局/呉至学撮影

赤い塗装が素敵な阿里山森林鉄道 写真提供:中華民国観光局/呉至学撮影

台湾中部にある阿里山は、台湾最高峰の玉山(標高3,997m)を筆頭に連なる山々の総称です。この阿里山の1つ、祝山から眺めるご来光見物は地元で有名な観光コースで、近くのホテルに宿泊すると、列車の時間に合わせて起こしてもらえます。早起きがちょっとつらいですが、神々しい日の出は息をのむ美しさ。一見の価値ありです。また嘉義駅から阿里山駅を結ぶ阿里山森林鉄道は本格的な登山鉄道で、4回連続するスイッチバックなどが世界の鉄道ファンに愛されている理由。

【阿里山、祝山までのアクセス】
台北から台鐵(台湾鉄道)で嘉義駅下車、そこから阿里山鉄道かバスで阿里山まで行き1泊、早朝に祝山鉄道に乗ってご来光見学というコースが一般的。2009年8月の台風被害で阿里山鉄道は一部通行止になり、現在復旧作業中です。詳しくは阿里山鉄道のサイト(中国語)をご覧ください。

 

台湾中西部の特産品

台中の太陽餅(麦芽糖をパイ生地で包んだ菓子)は台湾を代表するお菓子のひとつ。台北などでも売られていますが、台中の老舗で買うほうが断然美味しいです。他に、苗栗の柿餅(干し柿)、雲林・北港の花生(落花生)、鹿港の鳳眼ガオ(米粉で作った落雁)、嘉義の方塊酥(四角いクラッカー)や、標高の高い山で採れるほど美味しい阿里山産の台湾茶も名物。工芸品では木綿糸と麻糸で祖先の眼の形(菱形模様)に織り上げた仕女織の布製品や、南投県産の孟宗竹で作った竹製品が秀逸。