第3位:那智の滝(和歌山県)

那智の滝(1998年10月撮影) 

那智の滝(1998年10月撮影)

青岸渡寺の三重塔と那智の滝(1998年10月撮影)

青岸渡寺の三重塔と那智の滝(1998年10月撮影)

「豪快に流れ落ちる滝」第3位は、近畿地方・和歌山県から那智の滝Yahoo! 地図情報)。

世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」にも登録された那智の滝は、日本三名瀑の一つに数えられる滝。落差133メートルの滝自体が、熊野那智大社の別宮である飛瀧神社の御神体でもあります。目の前で流れ落ちる滝の迫力はまさに神様がいらっしゃるような荘厳な雰囲気さえ感じることができますね。

また西国三十三箇所霊場の第一番札所でもある青岸渡寺(せいがんとじ)からは、那智の滝と朱塗りの三重塔をあわせて見ることができます。訪れた人の記憶にいつまでも残る風景の一つです。

 
■那智の滝へのアプローチ
    第3位:那智の滝(和歌山県) 

    第3位:那智の滝(和歌山県)

  • 地図:Yahoo! 地図情報
  • 公共交通機関の場合
    <鉄道>
    東海道新幹線で名古屋駅より、JR東海 特急「ワイドビュー南紀」で紀伊勝浦駅下車。熊野交通バス 那智山行きで那智の滝前バス停下車。
    または東海道新幹線で新大阪へ向かい、JR西日本 特急「くろしお」で紀伊勝浦駅下車。

    <飛行機>
    南紀白浜空港より、白浜駅・紀伊田辺駅行きの空港連絡バスで白浜駅へ。白浜駅からはJR西日本 特急「くろしお」で紀伊勝浦駅下車。

    <高速バス>
    大宮、東京・池袋駅東口と勝浦温泉を結ぶ高速バス(三重交通バス、西武観光バスの共同運行)に乗車し、勝浦温泉下車。紀伊勝浦駅まで歩いた後、熊野交通バスに乗車。
  • 車の場合
    東名高速から伊勢湾岸自動車道、東名阪自動車道、伊勢自動車道、紀勢自動車道、熊野尾鷲道路、国道42号線、那智勝浦新宮道路を経由して那智勝浦インターチェンジまで進み、那智山方面への県道に入る。
【関連記事】 【関連サイト】